御幣担ぎの語源・由来

御幣担ぎの「御幣」とは、紙や布を細長く切って細長い木に挟み、神前に供えたり神主がお祓いする時に用いる祭具で、本来は「御幣帛(ごへいはく)」や「御幣束(ごへいそく)」と言う。
御幣を担いで不吉なものをお祓いすることから、「御幣担ぎ(御幣を担ぐ)」と言うようになった。
「御幣担ぎ(御幣を担ぐ)」から「縁起担ぎ(縁起を担ぐ)」という表現も生まれ、さらに「験担ぎ(験を担ぐ)」という言葉も生まれた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「にわかファン」と「ミーハーなファン」の違い

  2. 猫も杓子もの語源・由来

  3. なしのつぶての語源・由来

  4. スミレの意味・別名・類語

  5. 駄菓子の語源・由来

  6. 土産の意味・類語・言い換え

  7. 寒心の意味・類語・言い換え

  8. そんじょそこらの語源・由来

  9. 大赦の意味・類語・言い換え

  10. 水仙の意味・別名・類語

  1. 正朔の意味・類語・言い換え

  2. ヤブ医者の語源・由来

  3. 心構えの意味・類語・言い換え

  4. ごま油の栄養基礎知識

  5. 三文判の語源・由来

  6. しもた屋の語源・由来

  7. ハブの語源・由来

  8. 牛乳の種類

  9. 一攫千金の意味・類語・言い換え

  10. 床屋の語源・由来

人気記事

  1. 所在ないの語源・由来

  2. 靴の語源・由来

  3. ヤモリの語源・由来

  4. 鏡(鑑)の語源・由来

  5. タランチュラの語源・由来

  6. 愛知県の語源・由来

  7. おつむの語源・由来

TOP