ろうそくの語源・由来

蝋燭は中国から渡来したもので、漢音は「らふしょく」という。
「らふ」は字音仮名遣いのため「らう」「ろう」と変化し、「しょく」は呉音で「そく」となった。
中世頃には、蝋燭を「おらっそく」「らっそく」「らんそく」と呼んでいた例も見られる。
「蝋」は植物などからとる脂肪に似た物質のことで、「燭」は「明かり」を意味する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 一本立ちの語源・由来

  2. 岡崎市の語源・由来

  3. シソの意味・別名・類語

  4. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」の違い

  5. すももの意味・別名・類語

  6. サイレンの語源・由来

  7. 党紀の意味・類語・言い換え

  8. 若いツバメの意味・類語・言い換え

  9. 焼きが回るの語源・由来

  10. カラスボーイの語源・由来

  1. 川口市の語源・由来

  2. もみあげの語源・由来

  3. 醤油の語源・由来

  4. 真剣の意味・類語・言い換え

  5. 後ろめたいの語源・由来

  6. 娑婆の語源・由来

  7. 心配の意味・類語・言い換え

  8. 自分の意味・類語・言い換え

  9. 大尽の意味・類語・言い換え

  10. 大仙市の意味・シンボル

人気記事

  1. かたいの語源・由来

  2. 真似の語源・由来

  3. 三拍子揃うの語源・由来

  4. 成金の語源・由来

  5. 「怒る」と「叱る」の違い

  6. 「国立公園」「国定公園」「国営公園」「国民公園」の違い

  7. ケールの栄養基礎知識

TOP