ろうそくの語源・由来

蝋燭は中国から渡来したもので、漢音は「らふしょく」という。
「らふ」は字音仮名遣いのため「らう」「ろう」と変化し、「しょく」は呉音で「そく」となった。
中世頃には、蝋燭を「おらっそく」「らっそく」「らんそく」と呼んでいた例も見られる。
「蝋」は植物などからとる脂肪に似た物質のことで、「燭」は「明かり」を意味する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 天王山の語源・由来

  2. ステテコの語源・由来

  3. ギザギザの語源・由来

  4. 首相と内閣総理大臣と総裁の違い

  5. デザートの語源・由来

  6. お辞儀の語源・由来

  7. カッターシャツの語源・由来

  8. レトロの語源・由来

  9. チェロの語源・由来

  10. 時の語源・由来

  1. 気の毒の語源・由来

  2. みかじめ料の語源・由来

  3. 節分の語源・由来

  4. 郵便の意味・類語・言い換え

  5. 杉の語源・由来

  6. ハマグリの語源・由来

  7. 福寿草の意味・別名・類語

  8. 霹靂の意味

  9. オリンピックシンボルの五輪マークの由来と色の意味

  10. 南蛮の花の意味・別名・類語

人気記事

  1. 以下と未満の違い・使い分け

  2. 返ると帰ると還るの違い・使い分け

  3. ダウンロードとインストールの違い

  4. マジックで白い鳩が使われる理由と鳩の種類

  5. 御霊前と御仏前の違い

  6. 「鶴は千年亀は万年」本当の鶴と亀の寿命は何年?

  7. フィナンシェとマドレーヌの違い

TOP