税金の語源・由来

税金の「税」は中国語で、古く日本では「税」を「ちから」と言っていた。
「税」が「ちから」と呼ばれたのは、納められる側が勢力を強めることが出来る意味の「力」で、納める側の労力を意味する「力」ではない。
「税」を「ちから」と呼ぶ言葉には、租税として納める稲の「税稲(ちからしね)」、租税の稲米を収める倉の「税倉(ちからくら)」、税をつかさどる役所の「主税寮(ちからのつかさ・ちからりょう)」などがある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 未曾有の語源・由来

  2. イチョウの意味・別名・類語

  3. 中国の語源・由来

  4. ラングドシャの意味・類語・言い換え

  5. 辰年の意味・類語・言い換え

  6. 油の語源・由来

  7. 人魚の数え方と鬼の数え方の違い

  8. ひよこの語源・由来

  9. 小松菜の栄養基礎知識

  10. ハイジャックの語源・由来

  1. 梅の色月の意味・異名・類語

  2. 啖呵を切るの意味・類語・言い換え

  3. 八百長の意味・類語・言い換え

  4. 幸運月の意味・類語・言い換え

  5. 船(舟)の語源・由来

  6. イギリスの意味・別名・類語

  7. ナナカマドの語源・由来

  8. 梁山泊の意味・類語・言い換え

  9. 素晴らしいの語源・由来

  10. タランチュラの語源・由来

人気記事

  1. 対応と応対の違い

  2. 先祖と祖先の違い

  3. 足りないと足らないの違い

  4. スキューバダイビングとシュノーケリングとスキンダイビングの違い

  5. 着物と浴衣の違い

  6. ジャージとスウェットとトレーナーの違い

  7. 中部地方と東海地方と東海三県と中京圏の違い

TOP