おでんの語源・由来

おでんは、「でんがく(田楽)」の「でん」に、接頭語「お(御)」を付けた女房詞。
室町時代に生まれ、当時のおでんは味噌を塗って焼く「豆腐田楽」を指していた。
近世に入り、こんにゃくや野菜、魚焼き田楽の「魚田(ぎょでん)」も生まれたが、この当時も味噌を塗って焼く「焼き田楽」であった。
現代の煮込みおでんは近世頃に江戸で生まれ、串刺しのこんにゃくを煮込んだものに始まり、大根やはんぺんなどが入れられるようになった。
おでんが「関東炊き」とも呼ばれるのは、関西で「おでん」は「焼き田楽」を指すため、区別するために付けられた呼び名である。

出典:語源由来辞典

TOP