あまのじゃくの語源・由来

あまのじゃくは、「天探女(あまのさぐめ)」という悪神の名前が転訛した語といわれる。
天探女は『古事記』や『日本書紀』の神話に出てくる神で、人の心の内を探り意に逆らうという、ひねくれた神であった。
この天探女は、『瓜子姫』という昔話に登場する悪鬼の由来としても有名である。
また、仁王や四天王に踏みつけられた小さな鬼も「天邪鬼(あまのじゃく)」と言い、仏教では「あまのじゃく」を人間の煩悩の象徴としている。
両者は別々の説であるが、それぞれの名前や意味が結びつき、ひねくれ者やつむじ曲がりを「あまのじゃく」と呼ぶようになったと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ひよこの語源・由来

  2. なぜ雪は白いのか

  3. 「辞典」「事典」「字典」の違い

  4. 「邦人」と「日本人」の違い

  5. 五月雨の語源・由来

  6. サイコロの語源・由来

  7. コロナの意味・別名・類語

  8. 帯広市の意味・シンボル

  9. 運の意味・類語・言い換え

  10. 「修正」と「修整」の違い

  1. 宝くじの1等の当選番号が一番初めや一番後ろの時の前後賞はどうなるか

  2. 鮭の種類

  3. 教養の語源・由来

  4. アボカドの栄養基礎知識

  5. 軽井沢町の語源・由来

  6. スパの意味・類語・言い換え

  7. 左うちわの語源・由来

  8. スズメバチの種類

  9. 菊の語源・由来

  10. たたらを踏むの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 首っ引きの語源・由来

  2. アカペラの語源・由来

  3. 「燃やす」「焼く」「焚く」の違い

  4. ヘイケボタルの語源・由来

  5. ギプスの語源・由来

  6. コノシロの語源・由来

  7. エノコロヤナギの語源・由来

TOP