すき焼きの語源・由来

すき焼きは江戸時代から見られる名で、鍋の代わりに農具の鋤(すき)の金属部分を火の上にかけ、魚や豆腐を焼いて食べたことから、「鋤焼(スキヤキ)」と呼ばれるようになったといわれる。
その他、すき焼きの語源には、肉を薄く切るため「剥身(すきみ)」から「剥き焼き」となったとする説や、古くからある日本料理の「杉焼(すぎやき)」からとする説、好きなものを焼くからといった説もある。
しかし、1832年の『鯨肉調味方』に「鋤焼とは、鋤のよく擦れて鮮明なるを、熾火の上に置きわたし、それに切肉をのせて焼くをいふ。鋤に限らず、鉄器のよくすれて鮮明なるを用ふべし」とあるため、鋤の上で焼いた説が有力とされている。

江戸時代のすき焼きは、現代の焼肉や鉄板焼きのようなもので、関西風すき焼きにその名残をとどめる。
当時は牛肉が禁止されていたため、鴨や猪、鹿などの肉が使われた。
文明開化後、牛肉が庶民の食べ物として普及してからは、東京を中心に割り下を使うすき焼きが広まり、「牛肉鍋」や「牛鍋(うしなべ)」と言われ、やがて「牛鍋(ぎゅうなべ)」が関東では一般的な呼び名となった。
全国的に「すき焼き」と呼ばれるようになった時期は、それほど古くないようである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ズボンの種類

  2. 問屋の語源・由来

  3. 男爵いもの意味・類語・言い換え

  4. 横車を押すの語源・由来

  5. ジグザグの語源・由来

  6. 塩の語源・由来

  7. 味噌をつけるの意味・類語・言い換え

  8. ドローンの意味・別名・類語

  9. 企業家の意味・類語・言い換え

  10. バザーの意味・類語・言い換え

  1. 「蛇」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. 「風」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. ぶどう酒の意味・別名・類語

  4. あたりめの意味・別名・類語

  5. レシピの「少々」「ひとつまみ」「一握り」は何グラムか

  6. 洗脳の語源・由来

  7. 飛兎竜文の語源・由来

  8. いびきの意味・類語・別名

  9. 年始の意味・類語・言い換え

  10. 「バレンシアオレンジ」と「ネーブルオレンジ」の違い

人気記事

  1. 嬉しいの語源・由来

  2. 大正海老の語源・由来

  3. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」の違い

  4. 「着物」と「浴衣」の違い

  5. ツバキの語源・由来

  6. マナガツオの語源・由来

  7. グッドバイの語源・由来

TOP