自分の語源・由来

自分の「分」は、本来備わっている性質を意味する「本分」の「分」で、「自分」は自らの力量をさす語であったが、古くから「私自身」を意味する言葉としても用いられた。
最も古い「自分」の一人称の用法は、827年の『経国集』で、反射代名詞の用法は中世頃からである。
関西では「私」を意味する一人称でも、「あなた」を意味する二人称でも「自分」が用いられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. カランの意味・類語・言い換え

  2. 結構の語源・由来

  3. 開運の意味・類語・言い換え

  4. あっけらかんの語源・由来

  5. パイナップルの意味・別名・類語

  6. 新潟市の意味・シンボル

  7. お年賀の意味・類語・言い換え

  8. 「意思」と「意志」の違い

  9. 「牛乳」「加工乳」「乳飲料」の違い

  10. 各務原市の意味・シンボル

  1. 圧巻の意味・類語・言い換え

  2. ちゃらんぽらんの語源・由来

  3. きゅうりの栄養基礎知識

  4. いびつの意味・類語・言い換え

  5. カーネーションの意味・別名・類語

  6. 当て馬の語源・由来

  7. ひらがなの意味・類語・言い換え

  8. クジラの種類

  9. ツバメの意味・別名・類語

  10. カメレオンの語源・由来

人気記事

  1. 「俳句」と「川柳」の違い

  2. 山形県の語源・由来

  3. 出世魚の語源・由来

  4. 「怖い」「恐い」「強い」の違い

  5. テストの語源・由来

  6. 「発毛」「育毛」「増毛」「植毛」の違い

  7. 「テロ」「ゲリラ」「クーデター」の違い

TOP