しょうもないの語源・由来

しょうもないは、本来「しようもない(仕様もない)」で、発音のしやすさから変化したもの。
「仕」は当て字で、動詞「為る(する)」の連用形「し」。
「仕様」は「するさま」のことで、方法や手段を意味した。
しょうもない(しようもない)は、手段や方法がないことを行おうとしたり、考えたりするのは無駄なことなので、「つまらない」を意味するようになった。
江戸時代以降には、当て字で「性もない」と書かれた例も見られる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. べらぼうの語源・由来

  2. 板前の語源・由来

  3. おしゃれの語源・由来

  4. 問題と課題の違い

  5. 夢の語源・由来

  6. 妻と嫁と奥さんと女房と家内とかみさんの違い・使い分け

  7. 聖夜の意味・類語・言い換え

  8. スパゲッティの意味・類語・言い換え

  9. 屠蘇の意味・類語・言い換え

  10. 汗疹の意味・別名・類語

  1. 伊勢海老の意味・別名・類語

  2. 七五三の意味・別名・類語

  3. 白眉の意味

  4. 点鬼簿の意味・類語・言い換え

  5. 猫の意味・別名・類語

  6. キャンディとドロップの違い

  7. 川寿の意味・類語・言い換え

  8. おこがましいの語源・由来

  9. 裏目の意味・類語・言い換え

  10. 転職活動の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. カタログとパンフレットとリーフレットの違い

  2. 5円玉の穴と50円玉の穴の違い

  3. ニシンの卵を「数の子」と呼ぶ理由

  4. 簾(すだれ)と葦簀(よしず)の違い

  5. 見ると観ると視ると診ると看るの違い・使い分け

  6. 会話と談話と対話の違い

  7. 表すと現すと顕すと著すの違い・使い分け

TOP