しょうがないの語源・由来

しょうがないは、本来「しようがない(仕様がない)」で、発音のしやすさから変化したもの。
「仕」は当て字で、動詞「為る(する)」の連用形「し」。
「仕様」は「するさま」のことで、方法や手段を意味した。
しょうがないは「手段や方法さえもない」という意味で使われていたが、手段がないことから諦めの意味として使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 慎む(慎んで)と謹む(謹んで)の違い・使い分け

  2. 唯々諾々の意味・類語・言い換え

  3. 相棒の意味・類語・言い換え

  4. 方法の意味・類語・言い換え

  5. 長いの語源・由来

  6. アザラシの語源・由来

  7. バッタもんの意味・類語・言い換え

  8. ぐっすりの語源・由来

  9. せっかちの語源・由来

  10. 尾籠の語源・由来

  1. 一生懸命の意味・類語・言い換え

  2. 一期一会の意味・類語・言い換え

  3. パンケーキとホットケーキの違い

  4. 牛耳るの語源・由来

  5. パートとアルバイトの違い

  6. 泥酔の語源・由来

  7. 当期の意味・類語・言い換え

  8. デザートの語源・由来

  9. 尊いと貴いの違い・使い分け

  10. 太衝の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 牛乳と加工乳と乳飲料の違い

  2. うなぎとあなごの違い

  3. 俳句と川柳の違い

  4. 言い訳と申し訳と弁解と弁明と釈明の違い

  5. 皮と革と皮革の違い

  6. 調理と料理の違い・使い分け

  7. 上ると登ると昇るの違い・使い分け

TOP