ごろつきの語源・由来

ごろつきは、動詞「ごろつく」の連用形が名詞化されたものである。
「ごろつく」の「ごろ」は「ゴロゴロ転がる」の意味で、「つく」は「うろうろ」が「うろつく」など、擬音語や擬態語に付く接尾語である。
ごろつきは、江戸時代後期から使われ始め、当時は住所や仕事が定まらず、他人の家をまわる者のことを蔑む言葉として用いられていた。
そのような者は脅しやたかりをすることが多いことから、現在使われる意味に転じた。

ごろつきの漢字は、当て字で「破落戸」と書かれることもある。
「破落戸」は中国で使われていた言葉で、これに当てられた読みが「ごろつき」や「ならずもの」であった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. はやての語源・由来

  2. 明くと開くと空くの違い・使い分け

  3. 模造紙の語源・由来

  4. オーデコロンの語源・由来

  5. コーチの語源・由来

  6. ミミズの語源・由来

  7. 柳の語源・由来

  8. セミの語源・由来

  9. 羽と羽根の違い・使い分け

  10. 大袈裟の語源・由来

  1. 指切りげんまんの意味・類語・言い換え

  2. 仮名の語源・由来

  3. 思うと考えるの違い・使い分け

  4. バナナの語源・由来

  5. 用心棒の語源・由来

  6. でんでんむしの意味・別名・類語

  7. 宮崎県の意味・シンボル

  8. 二の足を踏むの語源・由来

  9. まま母の意味

  10. ヤグルマギクの語源・由来

人気記事

  1. 耐震と免震と制震と制振の違い

  2. 案外と意外と存外と思いの外の違い・使い分け

  3. 目から鱗が落ちる動物

  4. 干し柿のカビの見分け方、カビの取り方や危険性、干し柿にカビが生える原因と対策

  5. アーモンドとピーナッツの違い

  6. 雑学と豆知識の違い

  7. 重体と重態の違い・使い分け

TOP