筆の語源・由来

筆は奈良時代以前から使われる筆記具で、古くは「文手(ふみて・ふみで)」と言った。
「文手」の「文」は手紙などを意味し、「手」は書くことを意味する。
「ふみで」や「ふみて」が「ふむで」となり、「ふで」となった。
平安中期の辞書『倭名類聚鈔』には「布美天」とあり、平安末期の辞書『類聚名義抄』には「フテ」「フムデ」「フミデ」とある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 徳島市の語源・由来

  2. タキシードの語源・由来

  3. 鏡餅の語源・由来

  4. 戌の意味・類語・言い換え

  5. 予言の意味・類語・言い換え

  6. 青春の語源・由来

  7. 河童の語源・由来

  8. シリクサリの語源・由来

  9. ペンギンの意味・別名・類語

  10. マンネリズムの意味・類語・言い換え

  1. ぶきっちょの語源・由来

  2. 「節約」と「倹約」の違い

  3. 豊中市の意味・シンボル

  4. スズメの語源・由来

  5. 文月の意味・異名・類語

  6. 付け焼き刃の語源・由来

  7. 喜寿の意味・類語・言い換え

  8. 企業家の意味・類語・言い換え

  9. スポンサーの語源・由来

  10. 敬老の日の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 社会の語源・由来

  2. ずんだ餅の栄養基礎知識

  3. 「元日」「元旦」「正月」の違い

  4. 図に乗るの語源・由来

  5. 印税の語源・由来

  6. 八丁味噌の語源・由来

  7. 十二指腸の語源・由来

TOP