しゃらくさいの語源・由来

しゃらくさいの語源は、以下の通り諸説ある。

1.「お洒落(おしゃれ)」が転じて「しゃら」になったとする説。
江戸時代、身分不相応なお洒落をすることを「しゃらくさい」と言い、形や容姿だけ真似た成金は、どこか俗っぽいという意味からで、現在の意味にも近い。
ただし、漢語の「洒落」を「しゃらく」や「しゃら」とは言ったが、「しゃれくさい」といった語形は確認されていない。

2.江戸時代の浮世絵師 東州斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)からとったとする説。
この説には、写楽が「しゃらくさい」からとったとする逆の説もある。

3.越前の三国界隈で、遊女のことを「しゃら」と呼び、素人女性が遊女のようにめかしこむことを「しゃらくさい」と言っていたとする説。
この場合の「くさい」は、「~めいている」という意味で使われる「くさい」と考えられる。

4.「きゃら臭い」が訛って、「しゃらくさい」になったとする説。
遊女を買いに来たおじさんが安物のお香を臭わせ、その臭いが「伽羅(きゃら)」のお香の臭いと混じり合ったことを馬鹿にして、「きゃら臭い」と言い始めたというもの。

漢字の「洒落臭い」が当て字でないとすれば、1か3の説が有力となる。

出典:語源由来辞典

TOP