油を売るの語源・由来

江戸時代、髪の油を売る商人が、婦女を相手に長々と世間話をしながら油を売っていた。
そこから転じて、無駄話をするなどして、仕事を怠けることを「油を売る」と言うようになった。
ただし、江戸時代の油を売る商人が世間話をしていたのは、油は粘性が高く、柄杓を使って桶から客の器に移すにも雫が途切れず、時間がかかるためで、仕事をサボるために話をしていたわけではなかったようである。
一説に、油を売るの語源となった油は、髪の油ではなく、行灯の油ともいわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. のんきの語源・由来

  2. ニッカポッカの意味・別名・類語

  3. ヤクザの語源・由来

  4. 銀幕の語源・由来

  5. 騰貴の意味・類語・言い換え

  6. うなじの語源・由来

  7. 脚色の語源・由来

  8. 油を売るの意味・類語・言い換え

  9. ニシキヘビの意味・別名・類語

  10. バターの意味・類語・関連語

  1. 道路の意味・類語・言い換え

  2. 快適の意味・類語・言い換え

  3. 和歌山県の市町村名一覧

  4. 明石市の意味・シンボル

  5. 砂肝の語源・由来

  6. 虻蜂取らずの語源・由来

  7. 落花枝に返らずの意味・類語・言い換え

  8. 「始末書」と「顛末書」の違い

  9. 秋の意味・類語・言い換え

  10. 土用の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 牛ひき肉の栄養基礎知識

  2. 八百長の語源・由来

  3. 雑炊の語源・由来

  4. 小松菜の栄養基礎知識

  5. 太鼓持ちの語源・由来

  6. 「基準」と「規準」の違い

  7. 六日の菖蒲の語源・由来

TOP