油を売るの語源・由来

江戸時代、髪の油を売る商人が、婦女を相手に長々と世間話をしながら油を売っていた。
そこから転じて、無駄話をするなどして、仕事を怠けることを「油を売る」と言うようになった。
ただし、江戸時代の油を売る商人が世間話をしていたのは、油は粘性が高く、柄杓を使って桶から客の器に移すにも雫が途切れず、時間がかかるためで、仕事をサボるために話をしていたわけではなかったようである。
一説に、油を売るの語源となった油は、髪の油ではなく、行灯の油ともいわれる。

出典:語源由来辞典

TOP