アートの根源をたどる – 言葉の由来と文化的な交わり

アートの起源は、ラテン語の「アルス(ars)」にあります。
「アルス」には、「自然の配置」「技術」「資格」「才能」などの多岐にわたる意味が込められています。
この言葉の語源は、ギリシャ語の「テクネ(techne)」に由来し、テクニックや技術の概念と関連しています。さらに、秩序を司る神「アヴェスタ」の名「Artra」や、アルメニア語の「ard」(規則を意味する)など、印欧語の「ar-」(適合する)にも基づいています。アートは、これらの概念と多様な意味合いを含み、その起源は言語や文化の交流によって豊かな底辺を持っています。

参考:アートの語源・由来

TOP
テキストのコピーはできません。