ブリの栄養基礎知識

ブリの特徴、栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期、加工品など、知っておきたいブリの基礎知識。

ブリの特徴

ブリとはアジ科の魚類で、日本沿岸を回遊しています。天然物は島根県や石川県、千葉県での水揚げが多く、養殖は鹿児島県、大分県、愛媛県で盛んです。
ブリは成長するに従って名前が変わる出世魚で、関東では15cm以下をワカシ、40cm前後をイナダ、60cm前後をワラサと呼びます。関西では呼び名が違い、順にツバス、ハマチ、メジロとなります。西日本や北陸では年取り魚として縁起物とされ、贈答品やおせちに用いられます。
背中側の身はあっさりとしていますが、腹側は脂が乗りこってりとしているため、部位により使い分けて味わえます。

ブリの栄養・効能

ブリは脂質が多いためEPA・DHAを豊富に含み、血中の脂質を減らし血栓予防効果が期待できます。
また脂溶性のビタミンEも含んでいるため、酸化しやすいEPA・DHAを抗酸化作用により保護しているのも特徴です。
血合いには鉄分も多く含み、貧血気味のひとは積極的に摂取するのがおすすめです。

ブリの選び方

切り身は身に透明感があり、血合いが鮮やかなものを選びましょう。身が黒っぽいものは鮮度が落ちているため避けます。

ブリの保存方法

ペーパータオルで包み、ラップにくるんでチルド室で保存します。
すぐに食べない場合はラップして冷凍保存もできます。

ブリの旬の時期

12~1月が旬で、寒ブリと呼ばれ脂乗りが良くなります。富山県の氷見の寒ブリが有名です。
養殖は1年中出回ります。

ブリの加工品

寿司、切り身、味噌漬け、粕漬けなど。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. うなぎ重の意味・別名・類語

  2. 露払いの語源・由来

  3. 7月の意味・異名・類語

  4. ヒグマの語源・由来

  5. 「自首」と「出頭」の違い

  6. 怖いの語源・由来

  7. サイプレスの語源・由来

  8. 羊水の語源・由来

  9. 口の語源・由来

  10. ヘビイチゴの語源・由来

  1. 腰の語源・由来

  2. ステテコの語源・由来

  3. ずんぐりの意味・類語・言い換え

  4. カモミールの語源・由来

  5. はちまきの語源・由来

  6. キジの語源・由来

  7. アシタバの栄養基礎知識

  8. だらしないの語源・由来

  9. 八王子市の意味・別名・シンボル

  10. 馬鹿の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. とてつもないの語源・由来

  2. 「カレーうどん」と「カレー南蛮」の違い

  3. 痛み入りますの語源・由来

  4. アカメヤナギの語源・由来

  5. ビンタの語源・由来

  6. ヨーグルトの栄養基礎知識

  7. 「ツナ」と「シーチキン」の違い

TOP