サンチュの栄養基礎知識

サンチュの特徴、栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期、種類や仲間など、知っておきたいサンチュの基礎知識。

サンチュの特徴

サンチュとは日本で最も古くからあるレタス(チシャ)です。奈良時代以前から栽培され、お浸しなどに用いられいました。
戦後、玉レタスが普及したことで、サンチュの栽培は減少しましたが、焼肉に包んで食べる方法が広まったことで、再び普及してきています。

サンチュは成長に伴って葉を下から順に掻き取って収穫するので、別名を「掻きチシャ(かきちしゃ)」や「カッティングレタス」といい、焼肉などを包んで食べるので「包み菜」ともいいます。
また、古くからあるチシャ(レタス類の和名)なので、「チシャ菜」という別名もあります。

サンチュの葉は厚く、シャキシャキとした歯ごたえがあり、ほんのりと苦味があります。

サンチュの栄養・効能

サンチュはβ-カロテンを多く含む緑黄色野菜で、レタス類の中ではトップの含有量です。
食物繊維、カリウム、カルシウム、ビタミンC、葉酸、ビタミンKなども玉レタスより多く含まれています。

サンチュの選び方

サンチュは葉の色が鮮やかで、ハリのあるものを選びましょう。
葉の色には、赤系(紅系)と緑系があり、赤いから傷んでいるというわけではありません。

サンチュの保存方法

葉が乾燥しないよう、湿らせたキッチンペーパーで包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。
日持ちする野菜ではないので、早めに使い切りましょう。

サンチュの旬の時期

一年中流通しています。

サンチュの種類や仲間

レタス(玉レタス)、サラダ菜、リーフレタス、サニーレタス、グリーンカール、フリルレタス、ロメインレタスなど。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. あにはからんやの語源・由来

  2. 夕顔の意味・別名・類語

  3. ムクゲの語源・由来

  4. 泣いて馬謖を斬るの語源・由来

  5. 「召集」と「招集」の違い

  6. 大和市の意味・シンボル

  7. 尋ねる(訪ねる)の語源・由来

  8. 「鷹」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 濡れ手で粟の語源・由来

  10. 青天の霹靂の語源・由来

  1. 「明日」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. コンロの種類

  3. 奢りの意味・類語・言い換え

  4. アザラシの意味・別名・類語

  5. 邪魔の語源・由来

  6. おがくずの語源・由来

  7. 陣痛の意味・類語・言い換え

  8. 群馬県の市町村名一覧

  9. 「走る/奔る」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. 柏市の語源・由来

人気記事

  1. 辛抱の語源・由来

  2. 「整える」と「調える」の違い

  3. 居候の語源・由来

  4. 雲泥の差の語源・由来

  5. いにしえの語源・由来

  6. 「かいわれ大根」と「大根」の違い

  7. 「コンサート」と「リサイタル」の違い

TOP