カリフラワーの栄養基礎知識

カリフラワーの特徴、栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期、加工品、種類・仲間など、知っておきたいカリフラワーの基礎知識。

カリフラワーの特徴

カリフラワーとはアブラナ科の淡色野菜で、キャベツから派生したブロッコリーの突然変異と考えられている野菜です。
別名は「花野菜・花花椰菜(はなやさい)」「花甘藍(はなからん)」「花キャベツ」「木立花葉牡丹(きだちはなぼたん)」。
食用にする部分は、茎の先にできるつぼみの集合体です。
カリフラワーのつぼみの色は白色が主ですが、紫色やオレンジ色のものもあります。
味はブロッコリー、食感はカリフラワーに近い「ロマネスコ」は、ブロッコリーの仲間として扱われることも多いですが、カリフラワーの一種です。

カリフラワーの栄養・効能

カリフラワーの白いつぼみの部分には、ビタミンCが多く含まれています。
カリフラワーに含まれるビタミンCは加熱調理による損失が少ないタイプなので、温野菜にしてもビタミンCを摂取しやすいという特徴があります。
ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、メラニン色素の生成を阻害するため、美肌・美白に効果があり、抗酸化作用もあるため感染症予防にも役立ちます。
オレンジ色のカリフラワーにはβ-カロテン、紫色のものにはアントシアニンが含まれているため、色が違うものでも抗酸化作用はあります。
カリフラワーは糖質や脂質の代謝に必要な葉酸や食物繊維も多く、便秘予防・改善も期待できます。
また、アブラナ科野菜特有のアリルイソチオシアネートというイオウ化合物を含んでいるため、ガン予防効果も期待できます。

カリフラワーの選び方

カリフラワーは、つぼみが全体的に白く、変色や傷のないもの。
つぼみが開花しておらず、隙間なく詰まっているもの。
丸みがあって重みのあるもの。
茎が伸び過ぎていないもの。
葉が新鮮でハリがあり、花蕾をしっかり包んでいるもの。
株の切り口に穴が開いていないものを選びましょう。

カリフラワーの保存方法

ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。
変色しやすいので、早めに調理しましょう。
20℃以上の暖かい場所に置くと、開花して味が落ちてしまうこともあるので注意しましょう。

カリフラワーの旬の時期

カリフラワーの旬は、11月から3月です。

カリフラワーの加工品

カリフラワーライス、ピクルス。

カリフラワーの種類・仲間

スノースクワラン、スノーニューダイヤ、オレンジブーケ、バイオレットクイン、カリフローレ、ロマネスコ。
ブロッコリー、キャベツ、ケール。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. 「下手」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. 相棒の意味・類語・言い換え

  3. お盆の語源・由来

  4. 文披月の意味・異名・類語

  5. 「お辞儀」と「会釈」の違い

  6. キツツキの語源・由来

  7. セミの種類

  8. 「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」の違い

  9. 希望小売価格の意味・類語・言い換え

  10. アンブレラの語源・由来

  1. シシャモの語源・由来

  2. 重要文化財の意味・類語・言い換え

  3. サラブレッドの語源・由来

  4. ピアノの語源・由来

  5. 顎足付きの意味・類語・言い換え

  6. 楽しいの語源・由来

  7. チャイナドレスに深いスリットが入っている理由

  8. 狐の嫁入りの意味・別名・類語

  9. ナンプラーの栄養基礎知識

  10. 葛藤の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ハネムーンの語源・由来

  2. 考えるの語源・由来

  3. 蛇足の語源・由来

  4. 「コリアンダー」と「パクチー」の違い

  5. 「遵守」と「順守」の違い

  6. 阿波市の語源・由来

  7. 人間ドックの語源・由来

TOP