試合と仕合の違い・使い分け


一般的には「試合」を使い、「泥仕合」と「闇仕合」の時だけ「仕合」が使われる。
実はどちらも当て字だが、あまり使われない「仕合」の方が語源には近い。

「しあい」という言葉は、物事を互いにする意味の「しあう(為合う)」が名詞化された語である。
動詞「する(為る)」を名詞化する際、「仕方」「仕事」「仕業」のように「し」には「仕」の字が当てられため、「しあい」も「仕合」となる。

互いにすることの中には「勝負を競う」の意味もあり、それに合わせて作られた当て字が「試合」である。
「国際試合」や「完全試合」のように、競技や武術で技を競い、勝負を争うという意味では「試合」と表記する。
現代ではこの意味で使うことがほとんどであるため、「試合」が一般的になっているのである。

泥仕合は、互いに相手の欠点や秘密を暴露し合う争いのこと。また、歌舞伎で舞台に田園を作り、その中で立ち回ること。
闇仕合は、闇の中での立ち回りや争いをすること。また、相手もわからず争うことを意味する。
泥仕合も闇仕合も「争う」の意味は含まれているが、競技や武術で勝負を競っているわけではなく、「互いにし合う」という意味を表すため「仕合」と書くのである。

しかし、まったく「泥試合」や「闇試合」と表記しないわけではない。
大雨のため泥まみれになって行われた試合を「泥仕合」にかけて「泥試合」と書いたり、暗闇の中で行われた試合を「闇試合」と書くことはある。
ただし、「泥試合」や「闇試合」と書く場合は、必ず「競技」であることが前提であり、互いに暴露し合う意味で「泥仕合」と書いたり、相手もわからず争う意味で「闇仕合」と書くのは誤用となる。

今見られている記事 ランダム
  1. 歌舞伎の意味・類語・関連語

  2. カットソーの語源・由来

  3. 核家族の意味・類語・言い換え

  4. マタタビの語源・由来

  5. 面白いの語源・由来

  6. 回りと周りと廻りの違い・使い分け

  7. 噴飯ものの語源・由来

  8. 時期の意味・類語・言い換え

  9. コールテンの語源・由来

  10. ホースラディッシュの栄養基礎知識

  1. ありがとうの語源・由来

  2. 大垣市の意味・シンボル

  3. こむら返りの語源・由来

  4. 割烹の意味・類語・言い換え

  5. 遺跡の意味

  6. 南の語源・由来

  7. フェンネルの語源・由来

  8. ハピネスの意味・類語・言い換え

  9. 一般職と総合職の違い

  10. 横と隣とそばの違い

人気記事

  1. 御霊前と御仏前の違い

  2. 傷と怪我の違い

  3. 自白と自供の違い・使い分け

  4. 先祖と祖先の違い

  5. 海胆と海栗と雲丹の違い

  6. 効果と効能の違い

  7. 野菜と蔬菜の違い

TOP