試合と仕合の違い・使い分け


一般的には「試合」を使い、「泥仕合」と「闇仕合」の時だけ「仕合」が使われる。
実はどちらも当て字だが、あまり使われない「仕合」の方が語源には近い。

「しあい」という言葉は、物事を互いにする意味の「しあう(為合う)」が名詞化された語である。
動詞「する(為る)」を名詞化する際、「仕方」「仕事」「仕業」のように「し」には「仕」の字が当てられため、「しあい」も「仕合」となる。

互いにすることの中には「勝負を競う」の意味もあり、それに合わせて作られた当て字が「試合」である。
「国際試合」や「完全試合」のように、競技や武術で技を競い、勝負を争うという意味では「試合」と表記する。
現代ではこの意味で使うことがほとんどであるため、「試合」が一般的になっているのである。

泥仕合は、互いに相手の欠点や秘密を暴露し合う争いのこと。また、歌舞伎で舞台に田園を作り、その中で立ち回ること。
闇仕合は、闇の中での立ち回りや争いをすること。また、相手もわからず争うことを意味する。
泥仕合も闇仕合も「争う」の意味は含まれているが、競技や武術で勝負を競っているわけではなく、「互いにし合う」という意味を表すため「仕合」と書くのである。

しかし、まったく「泥試合」や「闇試合」と表記しないわけではない。
大雨のため泥まみれになって行われた試合を「泥仕合」にかけて「泥試合」と書いたり、暗闇の中で行われた試合を「闇試合」と書くことはある。
ただし、「泥試合」や「闇試合」と書く場合は、必ず「競技」であることが前提であり、互いに暴露し合う意味で「泥仕合」と書いたり、相手もわからず争う意味で「闇仕合」と書くのは誤用となる。

今見られている記事 ランダム
  1. 如才ないの語源・由来

  2. キウイフルーツの品種

  3. 事業家と実業家と企業家と起業家と経営者の違い

  4. ユリの語源・由来

  5. ビールの栄養基礎知識

  6. 一人と独りの違い・使い分け

  7. 煩わしいと面倒と厄介の違い

  8. 前門の虎後門の狼の語源・由来

  9. マナーとエチケットの違い

  10. ハッスルの語源・由来

  1. ひやむぎの語源・由来

  2. ニッカポッカの意味・別名・類語

  3. びっくりの語源・由来

  4. ごま豆腐の栄養基礎知識

  5. 栄養の語源・由来

  6. よしずの意味・類語・言い換え

  7. ゲソの語源・由来

  8. 松ぼっくりの語源・由来

  9. でたらめの語源・由来

  10. いきなりの語源・由来

人気記事

  1. ズワイガニと松葉ガニと越前ガニの違い

  2. 能率と効率の違い・使い分け

  3. つくねとつみれの違い

  4. マジックで白い鳩が使われる理由と鳩の種類

  5. 賀正と迎春と謹賀新年と恭賀新年の違い・使い分け

  6. 昼光色と昼白色と電球色の違い

  7. 初夏と立夏と孟夏の違い

TOP