「シミュレーション」と「シュミレーション」の違い

模擬実験のことを「シミュレーション」や「シュミレーション」という。
どちらを使っても意味は通じるが、どっちが正しい発音でどっちが間違った発音かという違いはある。

英語の綴りは「simulation」で、カタカナ語にすると「シミュレーション」となる。
そのため、カタカナ語としての正しい発音は「シミュレーション」で、「シュミレーション」は間違いである。

しかし、「シュミレーション」と発音する人が多い。
これは「シミュ」という発音が日本人にとって馴染みが薄く、発音しにくいためだ。
「コミュニケーション」を「コミニケーション」という人もいるように、「ミュ」だけでも日本人には苦手な発音になる。
これが「シミュ」になると更に難しくなり、「シミュレ」はそれ以上に難しくなるのである。

反対に「シュ」という発音は日本語の中に多くあり、「趣味」という言葉があるように「シュミ」は日本人にとって発音しやすい。
そのため、自然と「シミュ」が「シュミ」に変換され、「シュミレーション」というようになったのである。
少数派だが、「コミニケーション」のように「シミレーション」という人もいる。

「シュミレーション」のように音素の並び順が入れ替わる現象を「音位転換」や「音位転倒」といい、「feminism(フェミニズム → フェニミズム)」もその例である。

音位転換は日本語の中にもあり、「雰囲気(ふんいき)」を「ふいんき」と読むのも同じ現象である。
「ふいんき」は誤りとされているが、新しい(あらたしい → あたらしい)、山茶花(さんざか → さざんか)、秋葉原(あきばはら → あきはばら)など、誤って音位転換したものが、現代では正しいものとして定着している言葉も数多くある。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 「王将」と「玉将」の違い

  2. メジロの意味・別名・類語

  3. ブリの栄養基礎知識

  4. 富山県の市町村名一覧

  5. かぼちゃの語源・由来

  6. ドラ息子の意味・類語・言い換え

  7. 朝三暮四の語源・由来

  8. ブリの意味・別名・類語

  9. いよかんの語源・由来

  10. 麒麟児の語源・由来

  1. 「習う」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. 石鹸の語源・由来

  3. 「目的」と「目標」の違い

  4. 「御霊前」と「御仏前」の違い

  5. しんがりの意味・類語・言い換え

  6. アルタイルの意味・別名・類語

  7. 売るの語源・由来

  8. もなかの語源・由来

  9. 大福の種類

  10. お茶を濁すの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. アオリイカの語源・由来

  2. ピーナッツの栄養基礎知識

  3. 神楽の語源・由来

  4. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」の違い

  5. やばいの語源・由来

  6. 天下りの語源・由来

  7. 帯広市の語源・由来

TOP