「保証人」と「連帯保証人」の法的義務と権利の違い

「保証人」と「連帯保証人」は、債務に関する責任の範囲において重要な違いを持ちます。

保証人は、他人の債務を保証する人です。債務者が返済や支払いができなくなった場合、保証人が代わりに支払う義務を負います。しかし、一般の保証人には特定の権利が保障されており、これには「催告の抗弁権」と「検索の抗弁権」が含まれます。これらの権利により、債権者はまず債務者に請求し、債務者の財産を執行する必要があります。

一方、連帯保証人はこれらの権利が認められておらず、債務者と同じ立場で返済義務を負います。これは、債務者よりも先に連帯保証人の財産が差し押さえられる可能性を意味します。

さらに、複数の保証人がいる場合、一般の保証人には「分別の利益」が適用され、保証人全体の人数に基づいて負担額が決定されます。しかし、連帯保証人にはこの利益も適用されず、全員が全額の返済義務を負うことになります。

これらの法的な違いから、一般には「保証人になることは避け、特に連帯保証人にはならないこと」が勧められています。

参考:「保証人」と「連帯保証人」の違いとは

TOP
テキストのコピーはできません。