足りないと足らないの違い


「足りない」と「足らない」は意味に違いはなく、どちらを使っても誤りではないが、「足りない」の方が現代語的で、「足らない」の方が古語的な表現となる。
そのような違いがあるのは、元になっている言葉が違うためである。

「足りない」は、「足りる」を否定形にした言葉。
「足らない」は、「足る」を否定形にした言葉である。
「足る」は古くから使われている言葉で、「足りる」は江戸時代以降に一般的になった言葉であるため、「足らない」よりも「足りない」の方が新しい言い方になる。
なお、「足る」が一般的であった時代の否定形は、「足らず」や「足らぬ」なので、「足らない」も新しい言い方ではある。

「足りる」は「足る」が変化した言葉であるように、「借りる」は「借る」、「飽きる」は「飽く」と言っていた。
しかし、「借りない」を「借らない」、「飽きない」を「飽かない」とは、あまり言わないことを踏まえると、今以上に「足らない」の使用が減り、「足りない」のみ使うようになる可能性もある。

今見られている記事 ランダム
  1. 学ぶの語源・由来

  2. エイプリルフールの語源・由来

  3. やぐらの語源・由来

  4. やぶへびの語源・由来

  5. リンドウの語源・由来

  6. 貴様の語源・由来

  7. うなぎとあなごの違い

  8. くだらないの語源・由来

  9. 上ると登ると昇るの違い・使い分け

  10. イタドリの語源・由来

  1. コリアンダーの意味・別名・類語

  2. 部屋の語源・由来

  3. ふつつかの語源・由来

  4. 生長の意味・類語・言い換え

  5. 妾の語源・由来

  6. エプロンの語源・由来

  7. カラオケの語源・由来

  8. 水菓子の語源・由来

  9. おまるの語源・由来

  10. リスの種類

人気記事

  1. 海藻と海草の違い

  2. スパッツとレギンスとタイツとトレンカの違い

  3. 見ると観ると視ると診ると看るの違い・使い分け

  4. 夫婦と夫妻の違い・使い分け

  5. 絶対と絶体の違い・使い分け

  6. 山と丘の違い

  7. 一時雨と時々雨とのち雨と所により雨の違い

TOP