セロハンテープとセロテープの違い


セロハンテープとは、1930年にアメリカの3M社によって開発された、セロファン(セロハン)の片面に粘着剤を塗ったテープのこと。
「セロファンテープ」や「セロハン粘着テープ」ともいう。

セロテープとは、ニチバンが有するセロハンテープの登録商標。
1947年、医療用絆創膏メーカーであったニチバンがセロハンテープを製品化し、1948年に「セロテープ」の商標を登録した。

セロテープが国産初のセロハンテープであり、日本国内ではしばらくの間、セロハンテープといえばセロテープしかなかったため、「セロテープ」が普通名詞のように使われるようになった。
しかし、セロテープはニチバンの登録商標であるため、その他のメーカーのセロハンテープを「セロテープ」と呼ぶのは間違いである。


今見られている記事 ランダム
  1. 千載一遇の意味・類語・言い換え

  2. 破天荒の意味・類語・言い換え

  3. 手が足りないの意味・類語・言い換え

  4. コンサートの語源・由来

  5. 野菜と蔬菜の違い

  6. 儲けると稼ぐの違い

  7. 氾濫と決壊の違い

  8. 快適の意味・類語・言い換え

  9. 舎利の語源・由来

  10. ネーブルオレンジの語源・由来

  1. 美人局の意味・類語・言い換え

  2. 聖歌と讃美歌の違い

  3. マンスリーマンションの意味・類語・言い換え

  4. 一寸法師の意味・類語・言い換え

  5. 床屋と美容室の違い

  6. 髪の語源・由来

  7. ぶどうの意味・別名・類語

  8. トラウマの語源・由来

  9. 雑煮の語源・由来

  10. 適量と適宜の違い

人気記事

  1. 荒いと粗いの違い・使い分け

  2. 思うと考えるの違い・使い分け

  3. 先祖と祖先の違い

  4. 山と丘の違い

  5. 関東の雑煮と関西の雑煮の違い

  6. 緑色なのに黒板という理由

  7. 検討と見当の違い・使い分け

TOP