納戸の語源・由来

納戸の「納」は「おさめる」「しまい込む」の意味で、「なん」と読むのは「ノウ(ナフ)」が変化した慣用音。「戸」は「部屋」を意味する。
空間としての納戸は、平安時代、宮中や貴族邸などで貴重品を収納した「納殿(おさめどの)」に由来する。
これが室町時代頃から「納戸」と呼ばれるようになっているため、「納殿」を「なふとの」と読み、その音変化で「なんど」になったとする説もある。
納戸は寝室としても使われており、江戸時代には「寝間(ねま)」とも呼ばれていた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 踏ん張るの語源・由来

  2. 瀬戸際の意味・類語・言い換え

  3. 福寿草の意味・別名・類語

  4. 八百屋の語源・由来

  5. 殺陣の語源・由来

  6. 満を持すの意味・類語・言い換え

  7. 福井市の意味・シンボル

  8. 人魚の意味・別名・類語

  9. カルビの意味・類語・言い換え

  10. ブスの語源・由来

  1. 滅相もないの意味・類語・言い換え

  2. 人員不足の意味・類語・言い換え

  3. 辟易の意味・類語・言い換え

  4. 横浜市の語源・由来

  5. 「伏線」と「布石」の違い

  6. 瀬戸際の語源・由来

  7. からあげの語源・由来

  8. アートの語源・由来

  9. 凄まじいの意味・類語・言い換え

  10. 油を絞るの語源・由来

人気記事

  1. 「一般職」と「総合職」の違い

  2. 「神父」と「牧師」の違い

  3. 加茂市の語源・由来

  4. ゲルマニウムの語源・由来

  5. 松の語源・由来

  6. サギの語源・由来

  7. 台風の語源・由来

TOP