なでるとさするとこするの違い・使い分け


手のひらなど表面に当てて動かす動作を「なでる(撫でる)」「さする(摩る・擦る)」「こする(擦る)」という。
一般に「なでる」「さする」「こする」の順で、力の入れ具合が強くなる。

なでるとは、指や手のひらなどを表面に軽く当て、対象をいとおしむようにゆっくり動かすことで、愛情表現や触感を確かめる目的で行われることが多い。
「風が頬をなでる」というように、軽く触れることの比喩的表現にも用いる。

さするとは、指や手のひらなどを表面に当てたまま、強い刺激を与えない程度に軽く摩擦することで、人間や動物などの痛みや苦痛、こわばりなどを和らげるために行われることが多い。

こするとは、表面に強く押し当てて動かす動作のことで、何かの刺激を伴う。
「タオルでごしごしこする」というように、当てるものが指や手とは限らず、物の場合もある。

さするは必ず動作が繰り返されるが、なでるは一回きりのこともある。
こするも繰り返しの動作に用いることが多いが、「車が外壁をこする」というように一回きりの場合もある。

今見られている記事 ランダム
  1. レントゲンの語源・由来

  2. ビワの語源・由来

  3. 音楽の語源・由来

  4. ピーナッツの栄養基礎知識

  5. 初夢は何日の夜に見た夢のことか

  6. 魚の栄養基礎知識

  7. サラブレッドの語源・由来

  8. 小松菜の栄養基礎知識

  9. おしゃれの語源・由来

  10. ラーメンの種類

  1. あんころ餅の語源・由来

  2. 段取りの意味・類語・言い換え

  3. 進展の意味・類語・言い換え

  4. 完全菜食主義者の「ヴィーガン」に不足しがちな栄養素とは

  5. ゴシップとスキャンダルの違い

  6. ロンパリの意味・類語・言い換え

  7. パルファムの意味・類語・言い換え

  8. イカサマの意味・類語・言い換え

  9. 未熟児と低出生体重児と早産児の違い

  10. さけるとよけるの違い・使い分け

人気記事

  1. 在宅ワークと内職の違い

  2. 彗星と流星の違い

  3. 準備と用意と支度の違い

  4. ウォーキングとジョギングとランニングの違い

  5. 氾濫と決壊の違い

  6. 風邪はなぜ「かかる」ではなく「ひく」というのか

  7. 0(ゼロ)は奇数か偶数か

TOP