なでるとさするとこするの違い・使い分け


手のひらなど表面に当てて動かす動作を「なでる(撫でる)」「さする(摩る・擦る)」「こする(擦る)」という。
一般に「なでる」「さする」「こする」の順で、力の入れ具合が強くなる。

なでるとは、指や手のひらなどを表面に軽く当て、対象をいとおしむようにゆっくり動かすことで、愛情表現や触感を確かめる目的で行われることが多い。
「風が頬をなでる」というように、軽く触れることの比喩的表現にも用いる。

さするとは、指や手のひらなどを表面に当てたまま、強い刺激を与えない程度に軽く摩擦することで、人間や動物などの痛みや苦痛、こわばりなどを和らげるために行われることが多い。

こするとは、表面に強く押し当てて動かす動作のことで、何かの刺激を伴う。
「タオルでごしごしこする」というように、当てるものが指や手とは限らず、物の場合もある。

さするは必ず動作が繰り返されるが、なでるは一回きりのこともある。
こするも繰り返しの動作に用いることが多いが、「車が外壁をこする」というように一回きりの場合もある。

今見られている記事 ランダム
  1. 難しいと困難と至難の違い

  2. 豚の体脂肪率はモデルよりも低い

  3. カステラの語源・由来

  4. 結局の語源・由来

  5. 果物の栄養基礎知識

  6. 心肺停止と死亡の違い

  7. 金額の意味・類語・言い換え

  8. トウキの意味・別名・類語

  9. 帰ると戻ると引き返すの違い・使い分け

  10. クレパスの語源・由来

  1. うなぎ重の意味・別名・類語

  2. 油を売るの意味・類語・言い換え

  3. 残ると余るの違い・使い分け

  4. 悲しいと哀しいの違い・使い分け

  5. 一攫万金の意味・類語・言い換え

  6. 斟酌の意味・類語・言い換え

  7. カレンダーの語源・由来

  8. 家の語源・由来

  9. オレンジの語源・由来

  10. 下着と肌着とランジェリーの違い

人気記事

  1. 夏季と夏期の違い・使い分け

  2. 定規とものさしの違い

  3. 体幹とインナーマッスルの違い

  4. 平和と和平の違い

  5. 関東の雑煮と関西の雑煮の違い

  6. ミルクティーとロイヤルミルクティーとチャイの違い

  7. おざなりとなおざりの違い・使い分け

TOP