残ると余るの違い・使い分け


ある事を行った後に、なくならないで存在するものがあることを「残る」や「余る」、その存在するものを「残り」や「余り」という。
これらの違い・使い分け方は、どこに重点を置くかである。

残る(残り)は、「会社に残る」「傷が残る」というように、「なくならないで存在する」「まだある」ところに重点が置かれる。
余る(余り)は、「人手が余る」というように、「一定の基準を超えてもある」「余分である」ところに重点が置かれる。

「料理が残る」と「料理が余る」はどちらも使うが、この場合も重点が置かれるところによって使い分けをする。

3人で食事をするので3人分の料理を作ったが、全ては食べきれなかったという場合は、まだ存在することをいうため「料理が残る」。
3人で食事をするのに4人分の料理を作ってしまい、多くて食べきれなかったという場合は、余分であることをいうため「料理が余る」となる。


今見られている記事 ランダム
  1. 類語の意味・類語・言い換え

  2. 年越し詣での意味・類語・言い換え

  3. トリの意味・類語・言い換え

  4. 足の語源・由来

  5. せんべいとあられとおかきの違い

  6. 音楽の語源・由来

  7. デニムとジーンズとジーパンの違い

  8. ワイシャツの語源・由来

  9. クーデターの意味・類語・言い換え

  10. 冬の語源・由来

  1. 作成の意味・類語・言い換え

  2. 年の名の意味・類語・言い換え

  3. 斟酌の語源・由来

  4. お菓子と駄菓子の違い

  5. 赤福餅の意味・別名・類語

  6. 重体と重傷と軽傷の違い・使い分け

  7. 安全第一の続きと由来

  8. 落書き帳の意味・類語・言い換え

  9. 渇愛の意味

  10. 羽の語源・由来

人気記事

  1. 冷蔵と冷凍と氷温とチルドとパーシャルの違い

  2. 修正と修整の違い・使い分け

  3. 暑いと熱いの違い・使い分け

  4. ベランダとバルコニーとテラスの違い

  5. カロリーゼロとカロリーオフの違い

  6. ノースリーブとタンクトップとランニングシャツの違い

  7. 目的と目標の違い・使い分け

TOP