「残る」と「余る」の違い

ある事を行った後に、なくならないで存在するものがあることを「残る」や「余る」、その存在するものを「残り」や「余り」という。
これらの違い・使い分け方は、どこに重点を置くかである。

残る(残り)は、「会社に残る」「傷が残る」というように、「なくならないで存在する」「まだある」ところに重点が置かれる。
余る(余り)は、「人手が余る」というように、「一定の基準を超えてもある」「余分である」ところに重点が置かれる。

「料理が残る」と「料理が余る」はどちらも使うが、この場合も重点が置かれるところによって使い分けをする。

3人で食事をするので3人分の料理を作ったが、全ては食べきれなかったという場合は、まだ存在することをいうため「料理が残る」。
3人で食事をするのに4人分の料理を作ってしまい、多くて食べきれなかったという場合は、余分であることをいうため「料理が余る」となる。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. おきゃんの語源・由来

  2. 島根県の市町村名一覧

  3. ひたいの語源・由来

  4. 奈良県の語源・由来

  5. 江戸前の意味・類語・言い換え

  6. 四股名の語源・由来

  7. 分限者の意味・類語・言い換え

  8. 玄人はだしの意味・類語・言い換え

  9. 西尾市の語源・由来

  10. 厚かましいの意味・類語・言い換え

  1. 「初め」と「始め」の違い

  2. 桑名市の語源・由来

  3. 淘汰の語源・由来

  4. 卯月の意味・異名・類語

  5. ステマの語源・由来

  6. オードトワレの意味・類語・言い換え

  7. ライブの意味・類語・言い換え

  8. よすがの語源・由来

  9. ふつつかの語源・由来

  10. 羊頭狗肉の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 横浜市の語源・由来

  2. おいどの語源・由来

  3. 「辞典」「事典」「字典」の違い

  4. リンパの語源・由来

  5. しぐれ煮の語源・由来

  6. 「印鑑」「はんこ」「印章」の違い

  7. 大垣市の語源・由来

TOP