「一人」と「独り」の違い

ひとりの漢字表記「一人」は、人数が1である。一名であることを表す。
「独り」は、孤独の意味以外にも、単独・独立・独力・独身など様々な意味で使われる。

「部屋に一人」と書けば、部屋にいる人数が1であることを表し、「部屋に独り」と書けば、その人以外に誰もいなくて寂しい印象を与える。

「ひとり歩き」の場合、「夜道のひとり歩き」であれば、人数を表すので「一人歩き」だが、「赤ちゃんのひとり歩き」は、誰の力も借りずに自力で歩くことなので「独り歩き」。
「数字だけがひとり歩きする」も「独り歩き」で、意図や趣旨とは関係なく物事が進むことを意味する。

「ひとり暮らし」の場合は、使い分けがやや難しい。
人数に重みがあれば「一人暮らし」、孤独や独身、親元を離れ自立したことを表すのであれば「独り暮らし」である。
しかし、「独り」は孤独のイメージが強く、寂しい印象を与えるため、「気ままなひとり暮らし」をいう場合は、人数として考え「一人暮らし」と書くか、ひらがなで「ひとり暮らし」とした方が伝わりやすい。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 折衝の語源・由来

  2. 世知辛いの語源・由来

  3. のるかそるかの語源・由来

  4. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  5. 埼玉県の意味・シンボル

  6. ファイナンスの意味・類語・言い換え

  7. 天の川の語源・由来

  8. ありがたいの意味・類語・言い換え

  9. 生活の意味・類語・言い換え

  10. 落花枝に返らずの意味・類語・言い換え

  1. 「卓球」と「ピンポン」の違い

  2. ヘリコプターの意味・別名・類語

  3. ネグリジェの語源・由来

  4. 「住めば都」と「住まば都」の違い

  5. 一粒万倍の語源・由来

  6. ブリの語源・由来

  7. 贔屓の意味・類語・言い換え

  8. あかつきの語源・由来

  9. 「木/樹」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. 未の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 横槍を入れるの語源・由来

  2. 武士の語源・由来

  3. 郡山市の語源・由来

  4. 果物の栄養基礎知識

  5. 蕎麦の栄養基礎知識

  6. ガーゼの語源・由来

  7. 「勧める」「奨める」「薦める」の違い

TOP