予言と預言の違い


予言と預言の使い分けは、漢字の意味を正しく理解している人ほど間違えやすい。

予言とは、未来のことを予測して言うことや、その言葉。
預言とは、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教などの啓示宗教で、神から預けられた言葉を人々に伝えることや、その言葉である。

予言は大災害や事件・事故などの予知をする占いやチャネリングといったオカルト的分野のほか、科学的データに基づいた予測など、使われる範囲は広いが、預言は宗教に限って使われる。
「ノストラダムスの大予言」で有名なノストラダムスは、予言者であって預言者ではなく、有名な預言者といえば、モーセやイエス・キリストなどが挙げられる。
予言は予測なので的中率があるが、預言は神の言葉を伝えるものなので、的中率とは無縁である。

このような使い分け方をするようになったのは、予言には「予め(あらかじめ)」の意味があり、預言には「預かる(あずかる)」の意味があるからである。
しかし、「予」にも「あずかる」の意味、「預」にも「あらかじめ」の意味があり、予言と預言は同義で、本来は使い分けが必要な漢字ではない。

そのため、漢字の意味をよく知っている人ほど、予言と預言の使い分けを間違えやすいが、現代文で「予かる」や「預め」と書くことはないため、一般的に使われる意味の違いで、予言と預言の使い分けを覚えておくとよい。


今見られている記事 ランダム
  1. けったいの語源・由来

  2. 五月雨の意味・類語・言い換え

  3. 娘の語源・由来

  4. 陶酔の意味

  5. 鉛筆が六角形で色鉛筆が丸いのはなぜか

  6. 開放と解放の違い・使い分け

  7. 自然の意味・類語・言い換え

  8. 卵と玉子の違い・使い分け

  9. 肉(肉類)の栄養基礎知識

  10. 警視庁と警察庁の違い

  1. ふんだんの語源・由来

  2. 寄付金と義援金と支援金の違い

  3. 小賢しいの語源・由来

  4. 花の語源・由来

  5. 俳句と川柳の違い

  6. ステテコの意味・類語・言い換え

  7. 嘘の皮の意味・類語・言い換え

  8. 断腸の思いの語源・由来

  9. 丑の日の意味・類語・言い換え

  10. ヒエラルキーの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 初夢は何日の夜に見た夢のことか

  2. 心療内科と精神科の違い

  3. 了解と了承と承知と承諾の違い・使い分け

  4. ちょくちょくとしばしばと度々の違い・使い分け

  5. 方言と訛りの違い

  6. 郵便マーク「〒」の由来

  7. 刺身とお造りとあらいとたたきの違い

TOP