成長と生長の違い・使い分け


成長は、「成長期の子供」「成長した犬」「成長株」「高度経済成長」など、人や動物が育って大きくなる意味のほか、物事の規模や内容が大きくなることも表す。
生長は、「稲の生長」「樹木の成長」など、植物が育って大きくなることを表す。
つまり、成長と生長は、対象が植物か植物以外かによって、使い分けられるという違いがある。

しかし、成長と生長を使い分けて表記することは混乱を招くという理由から、現代の学問の世界では、植物であっても「成長」が使われるようになっている。
新聞やテレビなども、「成長」の表記で統一されており、「生長」が使われるのは、「生長の家」などの固有名詞に限られている。

そのため、どうしても植物は「生長」で表したい、固有名詞で「生長」が使われているといった場合を除き、「成長」と書いたほうが間違いがなく無難である。

今見られている記事 ランダム
  1. 杉の語源・由来

  2. ラベンダーの語源・由来

  3. あすの語源・由来

  4. 折り紙付きの語源・由来

  5. 寵児の語源・由来

  6. なぜ犬はお尻の臭いを嗅ぐのか

  7. めどの語源・由来

  8. 七夕の語源・由来

  9. 手形の語源・由来

  10. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  1. すだちの語源・由来

  2. パンジーの語源・由来

  3. 検討と見当の違い・使い分け

  4. 下馬評の意味・類語・言い換え

  5. タイマンの語源・由来

  6. ヘリコプターの意味・別名・類語

  7. トムヤムクンの語源・由来

  8. 新しいの語源・由来

  9. ニホンとニッポンの違い

  10. ナヨシの語源・由来

人気記事

  1. タイの首都バンコクの正式名称は世界一長い

  2. 紹興酒と老酒(ラオチュウ)の違い

  3. なぜ鼻をかんだ後にティッシュを見るのか

  4. 神父と牧師の違い

  5. ゴルフクラブとカントリークラブの違い

  6. ジャージとスウェットとトレーナーの違い

  7. 体幹とインナーマッスルの違い

TOP