御霊前と御仏前の違い


通夜や葬儀の香典は不祝儀袋に包んで供えるが、不祝儀袋の表書きは、仏式・神式・キリスト教式など、故人の宗教や宗派によって異なる。

「御霊前」は仏式・神式・キリスト教式・無宗教葬を問わず使える表書きであるが、「御仏前」は「仏の前」と書くとおり、仏式のみで用いる表書きである。
仏教では、亡くなって49日後に成仏し、霊から仏になるという教えがあるため、仏式でも、四十九日までは「御霊前」を用い、四十九日以降は「御仏前」を用いるという使い分けがある。

浄土真宗では往生即成仏という教えであるため、通夜や葬儀であっても「御霊前」ではなく、「御仏前」を用いる。
「御香典」「御香料」「御香資」なども失礼にあたらない。
実際には、故人の宗教・宗派が分からず、幅広く使われる「御霊前」が無難であるため、浄土真宗でも「御霊前」と書かれることが多いが、日本一信徒が多い宗派が浄土真宗であるため、浄土真宗は「御仏前」であることを覚えておいた方がよい。

神式では「御霊前」のほか、「御玉串料」「御榊料」「御神前」「御饌料(みけりょう)」「御神饌料(ごしせんりょう)」などを用いる。

キリスト教式でも「御霊前」は使えるが、一般的なのは「御花料」。
カトリックでは「御ミサ料」の表書きもあるが、プロテスタントでは使わない。

神式やキリスト教式にも、仏教の四十九日の法要にあたる儀式はあるが、その場合、神式では「御玉串料」「御榊料」「御神前」、キリスト教式では「御花料」というように、その宗教で一般的な表書きが使われる。

無宗教式では一般的に「御霊前」だが、「志」「御花料」「御香資」「御香料」なども使われる。

蓮の花が印刷された不祝儀袋は仏式用、白百合や十字架が印刷された不祝儀袋はキリスト教用なので、印刷にも注意が必要である。

今見られている記事 ランダム
  1. いちごの語源・由来

  2. おいちょかぶの語源・由来

  3. 風邪とインフルエンザの違い

  4. てっさの語源・由来

  5. 按摩の語源・由来

  6. 元日と元旦と正月の違い

  7. 大喜利の語源・由来

  8. 終局の語源・由来

  9. ジンベイザメの語源・由来

  10. 馬の語源・由来

  1. 皮(革)の語源・由来

  2. 薩摩守の意味・類語・言い換え

  3. 兎に角の語源・由来

  4. ヒラメとカレイの違い・見分け方

  5. ヅラの意味・類語・言い換え

  6. パルファムの意味・類語・言い換え

  7. 潮吹きの語源・由来

  8. 鵜呑みの語源・由来

  9. 甘いの語源・由来

  10. あまんじゃくの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ペンギンが空を飛べない理由

  2. 初夏と立夏と孟夏の違い

  3. ダンクシュートのダンクの意味

  4. 寂しいと淋しいの違い・使い分け

  5. ボウリングのピンが9本から10本になった理由

  6. から揚げと竜田揚げの違い

  7. ハイブリッドカーとエコカーの違い

TOP