うるう年とうるう秒の違い


うるう年とは、太陽暦と地球の自転速度が一致せず、調整するために1年を366日とする年のこと。
平年は365日であるが、地球が太陽を一周するのは、365日5時48分46秒であるため、ほぼ4年に1回、2月の日数を29日として調整される。

うるう秒は、うるう年で追加された1日でも調整しきれない分を追加するものと思われがちだが、暦の調整をするものではなく、時刻の調整をするものである。
また、うるう秒は、うるう年のように決まった周期で行われるものではなく、不定期で適宜導入されるものである。

うるう秒とは、原子時計による標準時刻と、地球の自転速度との誤差を調整するために、追加・削除される1秒のこと。
現在、私たちが使っている時刻は、精確に時を刻むセシウム原子時計を基準としているが、地球の自転速度は不規則であるため、原子時計と天文観測による天文時に誤差が生じる。
この誤差を調整しなかった場合は、50年間の累積で30秒、100年間の累積で100秒程度と試算されており、更に長い年月進めば、昼と夜の時刻が逆転する可能性もあるため、誤差が0.9秒以内に収まるように調整されるのが「うるう秒」である。

うるう秒の調整は、12月か6月末日の最後の秒に行われ、それでも調整しきれない場合は、3月末か9月の末日の最後の秒で行われる。
地球の自転が遅い場合は、59分59秒の後に59分60秒を挿入し、自転が速い場合は、59分59秒を飛ばして0分0秒にする。
ただし、世界時と日本時間では、日本時間の方が9時間進んでいるため、日本では午前8時59分の最後の秒で調整が行われる。
なお、自転速度はだんだん遅くなっているため、1秒飛ばす調整方法が行われたことはない。


今見られている記事 ランダム
  1. 鶏卵の種類

  2. ご多分に漏れずの語源・由来

  3. テロとゲリラとクーデターの違い

  4. ごぼう抜きの意味・類語・言い換え

  5. お茶目の意味・類語・言い換え

  6. 二輪車のオートバイを「単車」と呼ぶ理由

  7. 起業家の意味・類語・言い換え

  8. ズワイガニの意味・別名・類語

  9. 階統制の意味・類語・言い換え

  10. 犬の語源・由来

  1. 宿命の意味・類語・言い換え

  2. エッセイの語源・由来

  3. 金管楽器と木管楽器の違い

  4. 圧力釜の意味・類語・言い換え

  5. 富家の意味・類語・言い換え

  6. 燃やすと焼くと焚くの違い

  7. 辞任と辞職と退任と退職の違い・使い分け

  8. ヨガとピラティスの違い

  9. 恐ろしいと怖いとおっかないの違い

  10. 牡蠣の語源・由来

人気記事

  1. 大雨と豪雨の違い

  2. 春彼岸と秋彼岸の違い

  3. コスプレと仮装と変装と扮装の違い

  4. 目と眼の違い・使い分け

  5. 鉛筆が六角形で色鉛筆が丸いのはなぜか

  6. 関東の雑煮と関西の雑煮の違い

  7. 人種と民族の違い

TOP