餃子の王将と大阪王将と餃子の王さまの違い


「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似ているが、それぞれの経営母体は異なる。

餃子の王将は、株式会社王将フードサービスが、京阪神地区を中心に全国展開する中華料理チェーン。
創業は1967年、1号店は京都四条大宮。
本社は、京都府京都市山科区。

大阪王将は、イートアンド株式会社が、大阪を中心に全国展開する中華料理チェーン。
創業は1969年、1号店は大阪市都島区京橋(本店は道頓堀)。
本社は、東京都港区。

元々、大阪王将は、餃子の王将の創業者の親類が、のれん分けという形で独立したもので、当初は「餃子の王将」という名前であった。
その後、「大阪王将食品」として法人化し、チェーン展開を進めていったが、本家「餃子の王将」が拠点としている京都にまで進出したため、本家側から「王将」の名を使用をしないよう裁判を起こされた。
その結果、「餃子の」は使わないが「王将」を残すという形で和解し、「大阪王将」になったのである。
しかし、一般には「王将で餃子を食べた」と言っても、「餃子の王将」か「大阪王将」か分かりづらいため、「京都王将」と「大阪王将」と呼び分けられることが多い。

餃子の王さまは、2代目店主の佐々木正寿さんが経営する中華料理店。
「餃子の王将」のパクリとも思える店名だが、創業は1954年で、餃子の王さまの方が古い。
店舗数は、東京都台東区浅草の一店である。

それぞれ、メニューや味、店の雰囲気など様々な違いがあるが、外観での見分け方は看板。
餃子の王将の看板は、白と赤を中心にした配色で、白い「王将」の文字が赤・黄・オレンジ・緑で囲われている。
大阪王将の看板は、大阪城をイメージした絵の中心に「王将」の文字が入っている。
餃子の王さまは、黄色に黒文字で店名が書かれただけの、非常にシンプルな看板である。

今見られている記事 ランダム
  1. 水掛け論の語源・由来

  2. 半畳を入れるの語源・由来

  3. 水と油の語源・由来

  4. うたの語源・由来

  5. ひまわりの語源・由来

  6. 右の語源・由来

  7. だらしないの語源・由来

  8. ビーバーの語源・由来

  9. 脚色の語源・由来

  10. カレーうどんとカレー南蛮の違い

  1. 尋常の語源・由来

  2. ブルマーの意味・類語・言い換え

  3. 大きいの語源・由来

  4. 大笑いと爆笑と哄笑とバカ笑いと高笑いの違い

  5. さつまいもの語源・由来

  6. 福岡県の語源・由来

  7. 兵庫県の語源・由来

  8. ウイスキーの栄養基礎知識

  9. シソの種類

  10. トウキの意味・別名・類語

人気記事

  1. ネックレスとペンダントとチョーカーの違い

  2. 食事はゆっくり食べた方が良い理由とは?満腹を感じる仕組みから解説

  3. 検討と見当の違い・使い分け

  4. 送ると贈るの違い・使い分け

  5. 怪しいと疑わしいと訝しいといかがわしいの違い

  6. 会社員と社員と従業員と職員の違い・使い分け

  7. 停戦と休戦と終戦の違い

TOP