飲むと呑むの違い


液体には「飲む」、固体には「呑む」といわれることもあるが、飲むと呑むの使い分けは、そこまで単純ではない。

酒は液体だが、「酒を飲む」とも「酒を呑む」とも書き、どちらの表記も正しい。
基本的に、液体は「飲む」を使うが、がぶがぶのむこと表す際には「呑む」を使う。

「蛇が蛙を呑む」というように、固体には「呑む」を使うが、必ず「呑む」を使うわけではない。
ふつうは飲まないようなものを、丸ごとのみ込む場合に「呑む」を使い、固体でも、噛まずに流し込むことが常であるものの場合は、「薬を飲む」のように「飲む」を使う。
なお、薬やお茶は「服む」とも書かれるが、「服する」「服用」の意味から当てたもので、「服む」に「のむ」という読み方はない。

呑むは、次のような比喩的表現にも用いられる。
「雰囲気に呑まれる」「敵を呑む」など、圧倒する、見くびる意味。
「要求を呑む」など、承諾、受け入れの意味。
「涙を呑む」「固唾を呑む」など、表に出さない意味。
「波に呑まれる」など、包み込んで見えなくする意味。
「懐にドスを呑む」など、隠し持つ意味。

ただし、「呑」は表外漢字なので、丸のみであっても比喩的表現であっても、公的文書では「呑む」と書かず、「のむ」か「飲む」と書く。

最近はあまり使われないが、「タバコを喫む(喫煙)」「お茶を喫む(喫茶)」など、「のむ」には「喫む」という表記もある。
常用漢字表に「喫」の字はあるが、「喫む」という訓がないため、「喫む」も「のむ」か「飲む」と書く。


今見られている記事 ランダム
  1. 五輪(オリンピック)の意味・別名・類語

  2. 切符ときっぷの違い

  3. 青田買いと青田刈りの違い

  4. インフルの意味・別名・類語

  5. 関心の意味・類語・言い換え

  6. 回顧の意味・類語・言い換え

  7. 矛盾の語源・由来

  8. うなぎ重の意味・別名・類語

  9. 玉蜀黍の花の意味・別名・類語

  10. 沢山の意味・類語・言い換え

  1. 香菜の意味・別名・類語

  2. 観賞と鑑賞の違い・使い分け

  3. 占いの語源・由来

  4. 収めると納めると治めると修めるの違い・使い分け

  5. 恵方巻きの語源・由来

  6. 渇愛の意味

  7. つきつきの意味・類語・言い換え

  8. 丸持ちの意味・類語・言い換え

  9. 尊いの語源・由来

  10. コエンドロの意味・別名・類語

人気記事

  1. 慎む(慎んで)と謹む(謹んで)の違い・使い分け

  2. 代議士と国会議員の違い

  3. なぜクリスマスは「X’mas」ではなく「Xmas」と書くのか

  4. 同級生と同期生と同窓生の違い

  5. ご来光と初日の出の違い

  6. 幽霊と妖怪とお化けの違い

  7. 日本一低い山は宮城県仙台市の日和山

TOP