「寿司」「鮨」「鮓」の違い

すしの漢字には「寿司」と「鮨」と「鮓」がある。

最も古い表記は「鮓」で、元々は塩や糟などに漬けた魚や、発酵させた飯に魚を漬け込んだ保存食を意味した漢字であるため、発酵させて作るすしを指し、馴れずしが当てはまる。
「鮓」の漢字は、鯖鮓や鮎鮓、鮒鮓などで使われるため、関西系のすしに用いられる傾向にある。

「鮓」の次に古い表記は「鮨」で、中国では「魚の塩辛」を意味する漢字であったが、「鮓」と混同され、すしを表すようになった。
「鮨」の漢字は、握り鮨、押し鮨、棒鮨など馴れずし以外のすしに使われ、現代で最も一般的な「すし」は握り鮨(江戸前)であるため、江戸前系のすしに多く用いられる傾向にある。

「寿司」は江戸時代に縁起担ぎで作られた当て字で、「寿を司る」の意味から、もしくは、賀寿の祝いの言葉の「寿詞」に由来するといわれる。
かっぱ巻き、稲荷寿司、手巻き寿司、五目寿司など、ネタに魚を使わないすしには「鮨」や「鮓」の漢字は適していないが、「寿司」は当て字であるため、ネタの種類を問わず使える。
また、すしの種類も問わず使えることや、縁起担ぎの意味もあり、現在、「寿司」が最も一般的な表記として使われている。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. かつらの意味・類語・言い換え

  2. オーロラの意味・類語・言い換え

  3. 備長炭の意味・類語・言い換え

  4. ロマンスの意味・類語・言い換え

  5. マッコウクジラの意味・別名・類語

  6. 砂肝の語源・由来

  7. 函館市の語源・由来

  8. 昔の意味・類語・言い換え

  9. 成人の意味・類語・言い換え

  10. 「長い」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  1. 蝋梅の種類

  2. マンネリの語源・由来

  3. 油脂(油・脂)の栄養基礎知識

  4. ドンピシャの意味・類語・言い換え

  5. 「祝日」「祭日」「祝祭日」の違い

  6. クラシックの語源・由来

  7. 「カタログ」「パンフレット」「リーフレット」の違い

  8. 登記の意味・類語・言い換え

  9. 老舗の語源・由来

  10. 「震度」と「マグニチュード」の違い

人気記事

  1. 「初め」と「始め」の違い

  2. 「成長」と「生長」の違い

  3. 神奈川県の語源・由来

  4. ちょんまげの語源・由来

  5. Vサインの語源・由来

  6. 「なでる」「さする」「こする」の違い

  7. サンチュの栄養基礎知識

TOP