気象衛星ひまわりとアメダスの違い


気象衛星ひまわりは、日本の気象観測用人工衛星の愛称。
雲や風、海面温度などの気象観測をする。
気象衛星には、大きく分けて軌道気象衛星と静止気象衛星の2種類あるが、ひまわりは、赤道上空の円軌道を地球の自転同期と同じ同期で公転する静止気象衛星である。

アメダス(AMeDAS)は、「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、地域気象観測システムのこと。
日本全国に1,300カ所の無人自動観測所があり、気温・降水量・風向・風速・日照時間などを観測する。
データは、通信回線で気象庁の地域気象観測センターに送られ、チェックされた後に全国の気象台へ配信される。

今見られている記事 ランダム
  1. 遵守と順守の違い・使い分け

  2. アンブレラの語源・由来

  3. コアラの語源・由来

  4. よりを戻すの語源・由来

  5. エスケープの語源・由来

  6. マンネリの語源・由来

  7. 釘を刺すの語源・由来

  8. コンテの語源・由来

  9. 切磋琢磨の語源・由来

  10. 東京都中央区の語源・由来

  1. 秘書の語源・由来

  2. 狛犬の語源・由来

  3. 水と油の意味・類語・言い換え

  4. 紙鳶(いか)の意味

  5. 玉の輿に乗るの意味・類語・言い換え

  6. 単刀直入の語源・由来

  7. ベーコンの栄養基礎知識

  8. 氾濫と決壊の違い

  9. 圧巻の語源・由来

  10. 小結の語源・由来

人気記事

  1. 十分と充分の違い・使い分け

  2. 校正と校閲の違い

  3. チョコレートとショコラの違い

  4. 毒薬と劇薬と毒物と劇物の違い

  5. ラーメンと中華そばと支那そばの違い

  6. 歳と才の違い

  7. 遺跡と史跡の違い

TOP