「日射病」「熱射病」「熱中症」の違い

日射病は、強い直射日光に長時間当たることで発生する病気。
大量の汗をかいて脱水症状となり、体温調節中枢の機能が低下し、倦怠、悪心、頭痛、めまい、意識障害、けいれんなどの症状がでる。

熱射病は、屋内・屋外を問わず、高温多湿な環境下に長時間いたり、作業をした時に起こる病気。
体温調節機能が破綻することで、倦怠、頭痛、めまい、意識障害を伴う。
汗が出ず、40度以上の高体温となって、生命にかかわることもある。

熱中症は、高温や多湿の環境下で起こる身体の障害の総称。
症状としては、発汗による脱水と、血管の拡張で血圧が下がり、めまい、失神などを起こす「熱失神」。
大量の発汗により、塩分やミネラルが不足し、筋肉のけいれんを起こす「熱けいれん」。
多量の発汗に水分や塩分の補給が追いつかず、脱水症状となった時に発生する「熱疲労」。
体温調節機能が失われることによって起こる「熱射病」がある。
熱中症の重症度分類では、熱けいれんや熱失神が「軽症」、熱疲労は「中等症」、熱射病は「重症」にあたる。

つまり、熱射病も熱中症の一種。
日射病も熱射病や熱中症の一種で、症状や症状の原因となる身体の変化よりも、身体に変化を起こした原因が、直射日光であることに重点を置いたのが「日射病」である。

日射病の予防には、帽子を被ったり首にタオルを巻くなど、直射日光に当たらないようにすることである。
熱中症(熱射病)の予防には、こまめに水分補給することが挙げられるが、水分だけを補給し、塩分やミネラルが不足した状態では熱中症になるため、塩分を含んだ飴を舐めたり、スポーツドリンクなどを飲むことが必要である。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. あばたの語源・由来

  2. ミヤギノハギの語源・由来

  3. 「酒」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  4. 三面記事の語源・由来

  5. カットソーの語源・由来

  6. 特徴の意味・類語・言い換え

  7. 仙台市の意味・別名・シンボル

  8. 雰囲気の意味・類語・言い換え

  9. メロンの語源・由来

  10. 戦う(闘う)の語源・由来

  1. ごまをするの意味・類語・言い換え

  2. ボランティアの語源・由来

  3. 「クレヨン」と「クレパス」の違い

  4. 伊勢海老の意味・別名・類語

  5. カモシカの意味・別名・類語

  6. 暮れなずむの語源・由来

  7. ばつが悪いの語源・由来

  8. 四方山話の語源・由来

  9. 働くの語源・由来

  10. パラリンピックの語源・由来

人気記事

  1. 「精算」と「清算」の違い

  2. ぶどうの栄養基礎知識

  3. 慌てふためくの語源・由来

  4. あたいの語源・由来

  5. アマダイの語源・由来

  6. 泰斗の語源・由来

  7. 焼きが回るの語源・由来

TOP