いつも月夜に米の飯の類語・言い換え

いつも月夜に米の飯の読み・別表記

いつもつきよにこめのめし

いつも月夜に米の飯の意味

苦労のない気楽な生活のこと。また、そうありたいが、現実はなかなかそういかないこと。

故事ことわざ辞典「いつも月夜に米の飯」の類義語

月夜に米の飯/世の中はいつも月夜に米の飯/いつも月夜に常九月/負わず借らずに子三人/貸さず借りず子三人/世の中は年中三月常月夜嚊十七俺三十負わず借らずに子三人

出典:故事ことわざ辞典

TOP