イセエビ/伊勢海老/伊勢蝦(いせえび)の意味・類語…

伊勢海老の画像

【伊勢海老の意味】
十脚目イセエビ科の甲殻類。雄の体長は30センチ以上だが、雌は雄より小形。体形は太い円筒形。全身が赤褐色で、表面に多くの棘がある堅い殻に覆われる。五対の歩脚にはハサミがない。美味で、正月や慶事の料理・飾り物に用いられる。イセエビ科のエビ類の総称ともする。《季 新年》

【伊勢海老の類語】
鎌倉海老/具足海老/大海老/志摩海老/外房イセエビ/飾り海老/スパイニーロブスター/ロブスター/ニシキエビ/ゴシキエビ/ハコエビ/エビ/海老(かいろう)/海の翁

【伊勢海老の同音異義語】

【伊勢海老の関連リンク】
「伊勢海老」の語源・由来

ページ上部へ戻る