したためるの語源・由来

したためるの「したた」は「したたか」と同源で、確かであること、はっきりしていることを意味する。
「める」は動詞をつくる接尾語で、本来、したためるは周到な準備で確かに処理することを意味した。
確かに処理するという動作には、「用意する」「管理する」といったことのほかに、食事の支度をすることや、手紙を書くことも含まれた。
室町時代以降、「確か」という感情的な面よりも、その動作自体に意味の重心が移っていき、したためるは「書き記す」「食べる」の意味に限って用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 仕事の意味・類語・言い換え

  2. 案の定の語源・由来

  3. 伯楽の語源・由来

  4. 白羽の矢が立つの意味・類語・言い換え

  5. 姑息の語源・由来

  6. マネキンの語源・由来

  7. 生長の意味・類語・言い換え

  8. サルビアの語源・由来

  9. 喜ばしいの意味・類語・言い換え

  10. とうもろこしの意味・別名・類語

  1. 柳の種類

  2. 「髭」「鬚」「髯」の違い

  3. タンクトップの語源・由来

  4. コロッケの語源・由来

  5. 「糠」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. 初夢の意味・類語・言い換え

  7. ヤクモソウの語源・由来

  8. めでたいの語源・由来

  9. 折り紙付きの語源・由来

  10. 麻の意味・別名・類語

人気記事

  1. 三隣亡の語源・由来

  2. 「節約」と「倹約」の違い

  3. 藤の語源・由来

  4. 「首相」「内閣総理大臣」「総裁」の違い

  5. 横槍を入れるの語源・由来

  6. 濡れ縁の語源・由来

  7. 献立の語源・由来

TOP