老婆心の語源・由来

老婆心は元仏教語で、師が弟子を慈しみ教え導く、その心遣いが極めて厚いことのたとえとして用いられた。
年を取った女性は人生経験が豊富なことから、細かくて深い心遣いができることをたとえた語だが、子や孫に度を越した心配をしたり、余計な忠告したりするという、ネガティブな言葉として受け取られ、老婆心は「必要以上の親切心」の意味として用いられるようになった。
そこから、相手に忠告したり心配したりする際に、「おせっかいかもしれませんが」の気持ちとして、「老婆心ながら」と言うようになった。

男性の場合、「婆」を「爺」に置き換え、「老爺心(ろうやしん)」と言うこともある。
あくまでも、これはふざけて言う際の表現であり、男女問わず「老婆心」と言うのが正しい。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. くだらないの語源・由来

  2. 訪れるの語源・由来

  3. おまじないの語源・由来

  4. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」の違い

  5. カラスウリの語源・由来

  6. スズメの意味・別名・類語

  7. わかめの語源・由来

  8. かるたの語源・由来

  9. お年玉の意味・別名・類語

  10. 鰻の日の意味・類語・言い換え

  1. 富士見市の意味・シンボル

  2. 「上る/登る/昇る」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 塩の語源・由来

  4. 夕顔の語源・由来

  5. 凧の意味

  6. ミーハーの意味・類語・言い換え

  7. 鏡餅の意味・別名・類語

  8. エノコロヤナギの語源・由来

  9. メークインの語源・由来

  10. 「臭い」「匂い」「香り」の違い

人気記事

  1. 名前の語源・由来

  2. 島根県の語源・由来

  3. 湯の語源・由来

  4. 池の語源・由来

  5. アバターの語源・由来

  6. 「足りない」と「足らない」の違い

  7. 亀裂の語源・由来

TOP