鍾乳洞の語源・由来

鍾乳洞の「鍾」は、「鐘」と同じで「釣鐘」のこと。
釣鐘(梵鐘)には、規則正しく配列された突起物があり、その突起物は「乳」と呼ばれる。
その釣り鐘の乳と似ていることから、天井からつらら状に下がった石灰岩を「鍾乳石(石鍾乳)」と言い、鍾乳石がある洞窟なので「鍾乳洞」と呼ばれるようになった。

鍾乳洞の床に立ち並んでいる岩石は、たけのこが生えたように見えることから「石筍(せきじゅん)」という。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. パグの語源・由来

  2. フードの意味・類語・言い換え

  3. 秋の語源・由来

  4. ギプスの語源・由来

  5. 五香粉の栄養基礎知識

  6. 剣幕の語源・由来

  7. 睦月の意味・異名・類語

  8. 「カフェ」と「喫茶店」の違い

  9. お足の語源・由来

  10. 福岡市の意味・シンボル

  1. 「対応」と「応対」の違い

  2. 伊勢市の意味・別名・シンボル

  3. 脚立の語源・由来

  4. 「分かれる」と「別れる」の違い

  5. ナデシコの語源・由来

  6. 東京都の語源・由来

  7. たたらを踏むの意味・類語・言い換え

  8. 僥倖の意味・類語・言い換え

  9. 青田売りの語源・由来

  10. 「焼く」「炒める」「炒る」の違い

人気記事

  1. ひとりぼっちの語源・由来

  2. 胴元の語源・由来

  3. 柏市の語源・由来

  4. おてんばの語源・由来

  5. 酷いの語源・由来

  6. 牛の語源・由来

  7. プロパガンダの語源・由来

TOP