智頭町の語源・由来

智頭の名は、平安時代初期の『日本後紀』に「智頭郡道俣駅馬」とあるのが古い。
道俣には「道が合流するところ」の意味があることから、智頭の由来は「ち」が「道」、「づ」が「出」で、道の分岐するところの意味か、「ち」が「道」、「づ」が「頭」で、因幡に入る最初の道を表した名前と考えられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 長月の語源・由来

  2. 大喜利の語源・由来

  3. 青天の霹靂の意味・類語・言い換え

  4. 遵守の意味・類語・言い換え

  5. 御曹司の語源・由来

  6. あせもの語源・由来

  7. 棒の語源・由来

  8. あべこべの意味・類語・言い換え

  9. しつこいの語源・由来

  10. 烏龍茶の意味・別名・類語

  1. 美人局の語源・由来

  2. 癪に障るの意味・類語・言い換え

  3. タイツの意味・類語・言い換え

  4. じゃがいもの品種

  5. 横柄の意味・類語・言い換え

  6. サクラソウの意味・別名・類語

  7. 「最近」「近頃」「この頃」「昨今」の違い

  8. 有象無象の意味・類語・言い換え

  9. カタカナの語源・由来

  10. 絵に描いた餅の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 新潟市の語源・由来

  2. 「同級生」「同期生」「同窓生」の違い

  3. 梨の語源・由来

  4. 羨ましいの語源・由来

  5. 「夕焼け」と「夕暮れ」の違い

  6. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」の違い

  7. 美馬市の語源・由来

TOP