段ボールの語源・由来

段ボールは1856年のイギリスで、シルクハットの内側の汗を吸収するために開発されたものであった。
それがアメリカでガラス製品の包装に使用され、包装資材として利用されるようになり、1800年代後半には段ボール箱も作られるようになった。
英語ではこれを「cardboard」と呼ぶが、明治時代の日本では「なまこ紙」や「しわしわ紙」と呼んでいた。

「段ボール」と呼ばれるようになったのは明治42年(1909)、レンゴーの前身となる三盛舎の創業者 井上貞治郎が、日本で初めて段ボールを事業化した際、「段の付いたボール紙」の意味で「段ボール」と命名したことに由来する。
ボール紙は厚手の板紙の俗称で、明治時代、英語の「board(板)」の末尾の音を聞き取れなかったことから、「ボール」と呼ばれるようになったものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「湯布院」と「由布院」の違い

  2. 長野市の意味・シンボル

  3. 大根の意味・別名・類語

  4. バジルの栄養基礎知識

  5. 虎の威を借る狐の語源・由来

  6. トンネルの語源・由来

  7. 噴飯ものの意味・類語・言い換え

  8. ペパーミントの語源・由来

  9. 玄米茶の栄養基礎知識

  10. おみくじの語源・由来

  1. 男前の語源・由来

  2. 一張羅の語源・由来

  3. からあげの意味・類語・言い換え

  4. ぶどうの語源・由来

  5. 水入らずの語源・由来

  6. 阿波市の意味・シンボル

  7. ふぐの種類

  8. シルエットの語源・由来

  9. きびすの語源・由来

  10. 力士の意味・別名・類語

人気記事

  1. 春告魚の語源・由来

  2. 「パスタ」と「スパゲッティ」の違い

  3. キセルの語源・由来

  4. 草の語源・由来

  5. 夕顔の語源・由来

  6. 大分県の語源・由来

  7. 右の語源・由来

TOP