段ボールの語源・由来

段ボールは1856年のイギリスで、シルクハットの内側の汗を吸収するために開発されたものであった。
それがアメリカでガラス製品の包装に使用され、包装資材として利用されるようになり、1800年代後半には段ボール箱も作られるようになった。
英語ではこれを「cardboard」と呼ぶが、明治時代の日本では「なまこ紙」や「しわしわ紙」と呼んでいた。

「段ボール」と呼ばれるようになったのは明治42年(1909)、レンゴーの前身となる三盛舎の創業者 井上貞治郎が、日本で初めて段ボールを事業化した際、「段の付いたボール紙」の意味で「段ボール」と命名したことに由来する。
ボール紙は厚手の板紙の俗称で、明治時代、英語の「board(板)」の末尾の音を聞き取れなかったことから、「ボール」と呼ばれるようになったものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. いなせの語源・由来

  2. 天下りの語源・由来

  3. 天狗の語源・由来

  4. トイレの語源・由来

  5. かわりばんこの語源・由来

  6. 効果と効能の違い

  7. マンションとアパートの違い

  8. サバの語源・由来

  9. なぜ犬はお尻の臭いを嗅ぐのか

  10. ポニーテールの語源・由来

  1. 池の語源・由来

  2. ふつつかの語源・由来

  3. スイカの語源・由来

  4. 佳月の意味・類語・言い換え

  5. ソムリエの語源・由来

  6. 追求と追及と追究の違い・使い分け

  7. 折り紙付きの語源・由来

  8. ハロウィンの意味・別名・類語

  9. コスモス(植物)の語源・由来

  10. 四の五の言うの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 古本と古書の違い

  2. 懐古と回顧の違い・使い分け

  3. 伯父と叔父と小父の違い

  4. シミとそばかすの違い

  5. ゆっくりとのんびりの違い・使い分け

  6. ネックレスとペンダントとチョーカーの違い

  7. ムースとババロアの違い

TOP