血道を上げるの語源・由来

血道を上げるの「血道」は、血の通う道のこと。つまり「血管」「血脈」を意味する。
「上げる」は、頭に血がのぼるところからとも解釈できるが、ここでは活発にするという意味から、のぼせ上がることを意味するようになったと考えるのがよい。
平安中期の『和名類聚抄』など、古くは「ちのみち」と呼んでおり、「ちみち」と言うようになったのは江戸時代からである。
なお、女性特有の病気にも「血の道(血道)」があるが、熱中して分別を失う意味の「血道を上げる」と関連性はない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 厚顔無恥の語源・由来

  2. ゲリラの語源・由来

  3. 割を食うの意味・類語・言い換え

  4. 孟夏の意味・類語・言い換え

  5. 笹の語源・由来

  6. セーターの語源・由来

  7. ハマグリの語源・由来

  8. 「油」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 目黒区の意味・シンボル

  10. フエフキダイの語源・由来

  1. 驕る(驕り)の語源・由来

  2. 「足りない」と「足らない」の違い

  3. ウクレレの語源・由来

  4. 静岡県の市区町名一覧

  5. 「印鑑」「はんこ」「印章」の違い

  6. 人間の語源・由来

  7. 「干支」と「十二支」の違い

  8. ドキドキの意味・類語・言い換え

  9. 「臭い」「匂い」「香り」の違い

  10. 河童の語源・由来

人気記事

  1. ワープロの語源・由来

  2. 鳴り物入りの語源・由来

  3. ピエロの語源・由来

  4. 千鳥足の語源・由来

  5. 「港」と「湊」の違い

  6. 歌舞伎の語源・由来

  7. 「基準」と「規準」の違い

TOP