文披月の語源・由来

文披月は、書(ふみ)をひろげて晒すの意味に由来する。
七夕には歌や書の上達を祈って、詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があったことから、「文披月(ふみひらきづき・ふみひろげづき)」と呼ばれるようになった。
「文月」の語源には、「文披月」に由来する説もある。

出典:語源由来辞典

TOP