文披月の語源・由来

文披月は、書(ふみ)をひろげて晒すの意味に由来する。
七夕には歌や書の上達を祈って、詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があったことから、「文披月(ふみひらきづき・ふみひろげづき)」と呼ばれるようになった。
「文月」の語源には、「文披月」に由来する説もある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 壺の語源・由来

  2. 茹でると湯がくと湯通しの違い

  3. オリンピックシンボルの五輪マークの由来と色の意味

  4. イワシ(マイワシ)の栄養基礎知識

  5. 仕事の語源・由来

  6. レンガの語源・由来

  7. すねの語源・由来

  8. 目安の語源・由来

  9. 天ぷらの語源・由来

  10. 虎の威を借る狐の語源・由来

  1. 大童の意味・類語・言い換え

  2. ピーナッツと落花生と南京豆の違い

  3. 年の語源・由来

  4. 砂肝の語源・由来

  5. 入れ墨(刺青)の語源・由来

  6. 圧力釜の意味・類語・言い換え

  7. 観賞と鑑賞の違い・使い分け

  8. 五里霧中の語源・由来

  9. ドローンの語源・由来

  10. 一寸法師の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 海藻と海草の違い

  2. 児童と生徒と学生の違い

  3. ベテランとエキスパートとスペシャリストの違い

  4. ブイヨンとコンソメと鶏ガラスープの違い

  5. 日本一低い山は宮城県仙台市の日和山

  6. 進歩と進捗と進度の違い・使い分け

  7. 巻き寿司と海苔巻きと太巻きと恵方巻と手巻き寿司の違い

TOP