世界の語源・由来

世界は仏教語で、サンスクリット語「lokadhātu」の訳。
「世」は過去・現在・未来の三世のことで、すべての時間を表し、「界」は東西南北上下のことで、すべての空間を意味する。
つまり世界は、すべての時間と空間に及ぶ全体をいった語で、現在使われている意味よりも広範囲である。
世界が表す範囲は時代によって異なるが、「地球」や「万国」の意味での使用は、マテオ・リッチの『坤輿万国全図(世界地図)』をもとに『世界図屏風』が多く製作された江戸時代に広まった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」の違い

  2. 署名の意味・類語・言い換え

  3. アートの語源・由来

  4. 出世の語源・由来

  5. かいわれ大根の語源・由来

  6. ライチョウの意味・別名・類語

  7. かかしの意味・類語・言い換え

  8. 卯年の意味・類語・言い換え

  9. 槍玉に挙げるの語源・由来

  10. 羽目を外すの語源・由来

  1. ロンパリの語源・由来

  2. マッコウクジラの語源・由来

  3. カモの語源・由来

  4. 「一生懸命」と「一所懸命」の違い

  5. 因果の語源・由来

  6. 梨の栄養基礎知識

  7. ナデシコの語源・由来

  8. 「おむつ」と「おしめ」の違い

  9. 硫黄の語源・由来

  10. ルビの語源・由来

人気記事

  1. 絣の語源・由来

  2. 岡山県の語源・由来

  3. 凄いの語源・由来

  4. 他山の石の語源・由来

  5. ボールペンの語源・由来

  6. アオダイショウの語源・由来

  7. 「昼光色」「昼白色」「電球色」の違い

TOP