人形の語源・由来

にんぎょうは、「ひとがた(ひとかた)」に当てた漢字「人形」を音読した語。
「人形」は「偶人」「人像」などと並んで奈良時代の文献にも見られる語だが、「ニンギョウ(ニンギャウ)」の読みが見られるのは奈良時代末期頃からである。
古くは、宗教的な意味をもつものが多く、人形は神・聖霊の形代・憑代として、祭礼などの宗教行事に用いられた。
これは日本に限らず、エジプトやギリシャなどでも、多くは呪術・宗教的な意味をもって作られている。
やがて、観賞用・玩具・人形劇・土産物・芸術品など、さまざまな用途で作られるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 志摩市の意味・シンボル

  2. 人手不足の意味・類語・言い換え

  3. 小松菜の栄養基礎知識

  4. せこいの語源・由来

  5. 唐突の意味・類語・言い換え

  6. 心肺停止の意味・類語・言い換え

  7. ト書きの語源・由来

  8. 折衝の語源・由来

  9. 新潟県の意味・シンボル

  10. やばいの語源・由来

  1. 買って出るの語源・由来

  2. つつがない(つつがなく)の語源・由来

  3. 四面楚歌の意味・類語・言い換え

  4. ブログの語源・由来

  5. もみあげの意味・別名・類語

  6. ネコヤナギの語源・由来

  7. 感無量の意味・類語・言い換え

  8. 藤沢市の語源・由来

  9. えげつないの語源・由来

  10. いびつの語源・由来

人気記事

  1. 小千谷市の語源・由来

  2. 京都府の語源・由来

  3. 大分市の語源・由来

  4. やばいの語源・由来

  5. 幕の内弁当の語源・由来

  6. ごま豆腐の栄養基礎知識

  7. 「恐ろしい」「怖い」「おっかない」の違い

TOP