勉強の語源・由来

勉強は「勉め強いる」と書くように、本来は気が進まないことを仕方なくする意味の言葉であった。
商人が頑張って値引きをする意味の「勉強」は、江戸時代から使われており、学問や技芸を学ぶ意味の「勉強」よりも古い。
明治以降、知識を得るために努力することが美徳とされるようになったことから、「勉強」は「学習」とほぼ同じ意味で使われるようになり、一般的に「学習」を意味するようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. サラリーマンとビジネスマンの違い・使い分け

  2. ゆり根の栄養基礎知識

  3. 蘿藦の意味・別名・類語

  4. 悲喜こもごもの語源・由来

  5. 川柳の語源・由来

  6. ひげの語源・由来

  7. ワイシャツとカッターシャツの違い

  8. 御代の号の意味・類語・言い換え

  9. カキツバタの語源・由来

  10. トマトの意味・別名・類語

  1. 服屋の意味・類語・言い換え

  2. 焼け太りの意味・類語・言い換え

  3. 馬が合うの意味・類語・言い換え

  4. 濡れ衣の意味・類語・言い換え

  5. 棚ぼたの意味・類語・言い換え

  6. 就職活動の意味・類語・言い換え

  7. 月極の意味・類語・言い換え

  8. うざいの意味・類語・言い換え

  9. フィナンシェとマドレーヌの違い

  10. おざなりとなおざりの違い・使い分け

人気記事

  1. 越えると超えるの違い・使い分け

  2. 0(ゼロ)は奇数か偶数か

  3. 凸凹(でこぼこ)と凹凸(おうとつ)の違い

  4. 準備と用意と支度の違い

  5. 試合と仕合の違い・使い分け

  6. サラリーマンとビジネスマンの違い・使い分け

  7. ダウンロードとインストールの違い

TOP