勉強の語源・由来

勉強は「勉め強いる」と書くように、本来は気が進まないことを仕方なくする意味の言葉であった。
商人が頑張って値引きをする意味の「勉強」は、江戸時代から使われており、学問や技芸を学ぶ意味の「勉強」よりも古い。
明治以降、知識を得るために努力することが美徳とされるようになったことから、「勉強」は「学習」とほぼ同じ意味で使われるようになり、一般的に「学習」を意味するようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 合鴨の語源・由来

  2. コーンの意味・別名・類語

  3. ブザーの意味・類語・言い換え

  4. 加茂市の意味・別名・シンボル

  5. サバ(マサバ)の栄養基礎知識

  6. コップの語源・由来

  7. 雪隠の意味・別名・類語

  8. 小千谷市の語源・由来

  9. 肉(肉類)の栄養基礎知識

  10. 尾籠の語源・由来

  1. 網走市の語源・由来

  2. 已己巳己の語源・由来

  3. ぶっきらぼうの語源・由来

  4. 市松人形の語源・由来

  5. 「赤鬼」「青鬼」「黄鬼」「緑鬼」「黒鬼」の違い

  6. 神無月の意味・異名・類語

  7. にんじんの語源・由来

  8. ホルモン(Hormon)の語源・由来

  9. 菜種梅雨の語源・由来

  10. 海千山千の語源・由来

人気記事

  1. ペットボトルの語源・由来

  2. ハイビスカスの語源・由来

  3. 「震度」と「マグニチュード」の違い

  4. 品川区の語源・由来

  5. 果物の栄養基礎知識

  6. 「押さえる」と「抑える」の違い

  7. かぼちゃの栄養基礎知識

TOP