演説の語源・由来

漢語の「演説」は、「演」が「講釈する」、「説」が「道理・教義・意義」で、道理や意義を述べ解くことを言い、日本でも「演説」はこの意味で使われていた。
江戸時代末期、蘭和辞書『和蘭字彙』では「redevoering(スピーチの意味)」の訳語として当てられた。
これとは別に、福沢諭吉が、中津藩の藩士が上申する際に用いた「演舌書」という文書から、「舌」の字は俗であるとして「説」に替え、英語の「speech(スピーチ)」の訳語に「演説」という造語を用いたことから、明治以降は現在の用法が一般化した。
『和蘭字彙』で「スピーチ」を意味する言葉として「演説」が扱われてはいるが、その時点では一般化されておらず、福沢諭吉の造語から広まっているため、現在多く使用される意味の「演説」と、道理や意義を説き明かす意味の「演説」は語源が異なると見るべきである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ちょろいの意味・類語・言い換え

  2. 山彦の語源・由来

  3. 感無量の意味・類語・言い換え

  4. 大富豪の意味・類語・言い換え

  5. トンボの種類

  6. イチコロの意味・類語・言い換え

  7. 階統制の意味・類語・言い換え

  8. ワイシャツの語源・由来

  9. お払い箱の語源・由来

  10. パンデミックの語源・由来

  1. アバンチュールの意味・類語・言い換え

  2. 北海道の語源・由来

  3. ヘビの意味・別名・類語

  4. 萩市の語源・由来

  5. 夜這いの語源・由来

  6. やにわにの意味・類語・言い換え

  7. ケチの語源・由来

  8. 蒙古斑の語源・由来

  9. 腑に落ちないの意味・類語・言い換え

  10. 巳年の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. きびすの語源・由来

  2. 納戸の意味・別名・類語

  3. 麻の語源・由来

  4. 「うなぎ」と「あなご」の違い

  5. 「退職願」「退職届」「辞表」の違い

  6. 「専務」と「常務」の違い

  7. ついたちの語源・由来

TOP