獅子の語源・由来

獅子は、サンスクリット語の「simha(シンハ)」の首音を音訳した「師」に「子」を付して「師子(シーツィ)」となり、のちに獣偏をつけて「獅」になったといわれる。
日本では、獣を「しし」と呼び、イノシシやシカが「しし」と表現されていたこともあり、これらと区別するため、中国から伝わった想像上の動物としての獅子は、「唐獅子(からしし・からじし)」とも呼ばれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. こぶの語源・由来

  2. 埼玉県の語源・由来

  3. タンクトップの語源・由来

  4. 「山」と「丘」の違い

  5. 滋賀県の語源・由来

  6. いきなりの意味・類語・言い換え

  7. タンの語源・由来

  8. けしかけるの語源・由来

  9. くちなわの語源・由来

  10. 人間万事塞翁が馬の意味・類語・言い換え

  1. チャルメラの語源・由来

  2. エンカウンターの意味・類語・言い換え

  3. 立川市の意味・シンボル

  4. 疑心暗鬼の意味・類語・言い換え

  5. カラメルの意味・類語・言い換え

  6. 東京都の市区町村名一覧

  7. バジルの語源・由来

  8. 賭博の語源・由来

  9. 巳の意味・類語・言い換え

  10. サーモンの語源・由来

人気記事

  1. 処女の語源・由来

  2. 福島市の語源・由来

  3. 目から鱗が落ちるの語源・由来

  4. お家芸の語源・由来

  5. 上野村の語源・由来

  6. 「野菜」と「果物」の違い

  7. ヒバリの語源・由来

TOP