羽目を外すの語源・由来

羽目を外すの「羽目」は、馬を制するために口に噛ませる「馬銜(はみ)」が転じたものといわれ、「馬銜」は「はめ」とも読む。
この馬銜を外して馬を自由にすると、自由に走り回って手がつけられなくなることから、調子に乗って度を越すことを「羽目を外す」というようになったと考えられる。
「羽目」の語源には「羽目板」の略とする説もあるが、羽目板を外すことから、調子に乗ったり、度を越す意味に転じるとは考え難い。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 売るの語源・由来

  2. 昆布の栄養基礎知識

  3. 爆弾とダイナマイトの違い

  4. くしゃみの語源・由来

  5. ポタージュの語源・由来

  6. うなぎのぼりの語源・由来

  7. 晦日と大晦日の違い

  8. 八朔の語源・由来

  9. 引っ越しの語源・由来

  10. ロハの語源・由来

  1. 江戸川区の意味・シンボル

  2. 運の意味・類語・言い換え

  3. ちくるの語源・由来

  4. 群馬県の市町村名一覧

  5. おふくろの語源・由来

  6. スパッツとレギンスとタイツとトレンカの違い

  7. パウンドケーキの語源・由来

  8. カシューナッツの栄養基礎知識

  9. 道路の意味・類語・言い換え

  10. がらんどうの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 二期作と二毛作の違い

  2. ベテランとエキスパートとスペシャリストの違い

  3. 一時雨と時々雨とのち雨と所により雨の違い

  4. 越えると超えるの違い・使い分け

  5. 指示と指図と指導の違い

  6. 事業家と実業家と企業家と起業家と経営者の違い

  7. 風邪とインフルエンザの違い

TOP